ブルーボックス関西支店 一級建築士事務所

TOP > Ever house wide eco > 太陽光発電システム

コンセプト住宅 Ever house wide eco 太陽光発電システム

余裕の発電量で、ゆとりある暮らしを。国や地方自治体からの補助金制度や、節電傾向により、太陽光発電システムを採用されるご家庭が増えています。
また余剰電力の買取制度の施行などにより、光熱費の大幅な削減効果が期待できます。

余剰電力買取で光熱費を削減できます

住宅用太陽光発電では、「太陽光発電の余剰電力買取制度」が2009年11月よりスタートしています。
これは、昼間にご家庭で使いきれずに余った電力を10年間一定の価格で電力会社が買い取ってくれる制度です。また、夜間の電気料金が昼間の約1/3となる「時間帯別電灯契約」※1にすると、電気料金が割高な昼間は太陽光発電の電力でまかなうことでさらに節約ができます。サンテックパワーの太陽光発電システムとオール電化を組み合わせれば、平均的な家庭で約9割の光熱費を節約することも可能です。※2

※1 各電力会社でサービス名と料金単価が異なります。ご利用には、別途お客様と電力会社とのご契約が必要です。
※2 ご家庭ごとの電気使用方法によって代わります。

<晴天時、1日の発電と消費電力の推移>

節電に貢献するほか、停電時の非常用電源としても役立ちます

電力が不足する昼間のピーク時間帯に太陽の光発電できる太陽光発電システムは、日本全体の節電に大きく貢献します。
また、災害発生時の停電や計画停電においては、「自家発電装置」としての役割を果たします。自立運転に切り替えることで発電した分の電気を最大1,500Wまで使用することができるため、携帯電話の充電など災害時にも対応できます。

CO2排出量削減に貢献します

太陽光発電は発電時にCO2を排出しない、環境にやさしい発電方法です。太陽光発電が普及すると、石油や石炭などを使用する火力発電の負担を軽減できます。太陽候発電の導入はCO2の削減につながるだけでなく、限られた地球の資源の節約にも貢献できます。

<3.8kWの太陽光発電システムを設置した場合>(パワーコンディショナはKP40K-STにて算出)

瞬間、瞬間の発電、電力消費をリアルタイムで確認

発電量や消費電力、電気の自給率や売電・買電の状況、CO2削減量などをリアルタイムで確認できるほか、過去のデータを日・月・年単位で表示できます。エラー情報や異常履歴もわかりやすく表示されるのでお問い合わせの際に活用できます。ワイヤレス通信で家のどこにでもカラーモニタを設置して太陽光発電システムの発電量と確認することができます。

モジュールの出力を25年間保証[ 国内最長の25年出力保証 ]

サンテックパワーの一番の特長は、25年にわたる業界最長の出力保証。太陽光発電システムを設置しても、しばらくすると故障したり、年月を経るごとに目に見えて発電量が低下してしまったのでは、せっかくのメリットを得られません。サンテックパワーは、設置後12年までは最大の下限値(「公称最大出力」の90%)の90%、25年までは最大出力の下限値(「公称最大出力」の90%)の80%の出力を保証します。モジュールに不具合が発生し、発電量がサンテックパワーの規定値を満たさなくなった場合、モジュールの交換を行います。
周辺機器も10年間のシステム保証がついています。
正常に使用していた場合、修理または同等品との交換を致します。

お電話で、出生点検で、お客様の疑問や不安を解消[ アフターサービス ]

ご使用中の太陽光発電システムについて、使い方に関してのご質問やご不明点など、万が一のときにも素早い対応をお約束いたします。

国・地方自治体の補助金制度[ 住宅用補助金制度 ]

太陽光発電システムを設置する場合、国から補助金が受けられます。補助金額は1kWあたりのシステムの価格に応じて、補助単価で申請することになります。 多数の都道府県や市町村区にても補助金制度を設けています。国の補助金と併用できるケース、市単位の補助金 と町単位の補助金が併用できるなど、さまざまなケースがあります。

  • 9つの安心
  • デザインコンセプト
Ever house wide eco に関するお問い合わせはこちら