不動産売買について

不動産売買とはその名のとおり、不動産(住宅、マンション、土地)の“売り買い”を指します。売るということは、すでに不動産を所有しているケースが多く、どのようにスムーズに手放せるかがポイントになります。買うときは、購入価格とイメージした物件がマッチして初めて成立します。ですが、多くの場合、初めて不動産売買をご経験される方はいろんなことに不安を抱いているようです。
安心して売却、購入いただくために、まずは専門家(不動産業者)にご相談ください。まずは購入、売却の流れについて簡単にご説明いたします。

不動産ご購入の流れ不動産ご売却の流れ

不動産ご購入の流れ

1.不動産ご購入の相談
お客様によって不動産購入でこだわりたい部分が異なりますので、価格、買い時などのいろいろな条件や不明点を不動産事業者に聞いてください。アドバイスを受けた方が安心して、次のステップへ移れます。
2.資金の計画
多数の方が不動産を購入する際、ローンを組みます。よって、毎月の返済額が気になるところです。初期費用、ローンの年数など、ファイナンシャルプランナーに資金計画をしてもらうのがよいでしょう(不動産業者に資格を持ったスタッフが在籍することが多い)。
3.物件の見学
資金的な部分で目安がついたら、実際に物件を見学すると、より新しいライフスタイルをイメージしやすくなります。理想の物件探しをバックアップします。
4.購入申込書のご説明
購入したい物件が見つかったら、次に「購入申込書」に条件などを記入します。 これで正式な売買契約に移れます。
5.売買契約書の締結
購入にあたり大切な部分を説明。いよいよ売買契約の締結を行います。
契約が成立すると、売主に手付金をお支払いいただきます。
6.ローンの申請
住宅ローンの書類記入方法や申込は不動産屋がサポートしてくれます。自分で用意が必要な書類であっても、どこでどのように入手できるのかなどアドバイスしてくれます。
7.契約地の確認
購入希望の物件が引き渡しできるかどうかを、売主、買主、仲介業者(不動産業者)が立会い、最終確認を行います。
8.残金の支払いと物件の引渡し
総計費用から手付金を差し引いた残金をお支払いいただきます(ローンの場合は金融機関による書類が必要)。不動産の所有権移転登記の手続きが終了すると、引渡しとなります。
9.お引越し
引越しには引越し業者の選択、連絡もありますが、新居の水道、電気などの手続きも必要です。細かい部分も含め不動産業者に相談しましょう。
不動産売買についてのご相談

不動産ご売却の流れ

1.不動産売却の相談
売却にはまず物件の売買価格の査定からはじまりますが、現地の相場、売却のタイミングなど、まずはアドバイスを受けた方がよいでしょう。その物件にマッチしたご提案をいたします。
2.物件の売買査定
物件の価値が価格に反映されますから、多角的な視点で調査を行い、査定を行います。査定価格が売出価格になるとは限りません。お客様のご意見、ご希望を伺い、一緒に売出価格を設定します。
3.媒介契約とは
査定が終わり売出価格が決まると、次は不動産仲介業者とお客様の間で売却依頼の契約を結びます。これを媒介契約と言いますが、媒介契約にはいくつかあり、その契約によって仲介業者の活動内容が変わります。
4.購入者を探す
売り物件を用いて見学会、オープンハウスを行います。
購入希望者が来場される際は、全て仲介業者が対応します。
5.売却活動の進捗
活動の進捗は媒介契約の種類によって報告回数が異なりますが、報告時には問い合わせ数、見学者の反応などをお伝えします。
6.売却契約の締結
買主と購入条件の調整が終わると、いよいよ売却契約を締結します。契約書の内容に基づき、買主、売主の権利をお互いに確認し、書類に押印して契約を締結します。
不動産売買についてのご相談