Menu

ブルーボックス関西支店 一級建築士事務所

TOP > ブルーボックスの安心サポート > 長期優良住宅

ブルーボックスの安心サポート 長期優良住宅

<住宅建て替え時における平均築年数>

いいものをつくり、長く大切に使う[世界に誇る長寿国の短命住宅]
日本は世界でもトップクラスの長寿国です。ところが、住宅は欧米諸国と比べると非常に短命であることが知られています。
日本の建て替え時における平均築年数は30年イギリスは77年、アメリカは55年。つまり、「世界に誇る長寿国の短命住宅」というアンバランスな状況が生じているのです。
高度経済成長のなか、日本は深刻な住宅不足に直面しました。そこで、次々と新たな「マイホーム」が建設されていきました。こうした過程のなかで、おおよそ30年サイクルで建て替えられるのが一般的になっていったのです。
では、30年サイクルで住宅を建て替えるという“もったいない”行為をこれからも続けてよいのでしょうか。

[“豊かさ”の秘密・・・住まいが長持ちすれば生活も変わる]
ヨーロッパの人々の生活を見て「羨ましい」と感じたことはありませんか。
「日本とヨーロッパの生活の違いを生んでいる原因のひとつが住宅にある」という意見があります。おじいさんの世代が住宅を新たに建設し、それが次の世代・さらにその次の世代まで残っていれば、膨大な費用をかけて建て替えをする必要はありません。住まいに関するコストが減れば、経済的な余裕も生まれます。その余裕を使って生活を変えていけば、日本でもヨーロッパのような豊かなライフスタイルを確立できるかもしれません。

「長期優良住宅」のメリット〜建物の4つの性能〜

大規模な地震にも強い安心の家 耐震等級最高ランク3取得 地球環境にも家計にも優しい家 省エネルギー対策等級4相当 メンテナンスがしやすい家 維持管理対策等級3相当 しっかりした躯体の長く住める家 劣化対策等級3相当

本当の意味での資産型の住まいとは?

リフォームやメンテナンスによって住みやすさが一新。資産価値も保つことができます。

日本で住宅を売却しようとすると、「30年もすれば建物の価値はゼロ」という言葉を耳にします。やっとローンを完済した時には建物の価値はゼロ。冷静に考えるとおかしな話です。欧米諸国では何十年経っても建物の価値をしっかりと評価します。だからこそ、住宅を一生懸命メンテナンスするのです。
戦後、日本では土地の値段が一貫して上がり続け、「土地さえ持っていれば安心」という意識が一般化しました。住宅を30年サイクルで建て替えたとしても、土地の値段が上昇していたので、損をすることはないと考えられてきたのです。ところが、バブル経済の崩壊でこの前提が崩れました。将来的に土地が値上がりすることも起こり得る。建物の価値は30年経てばゼロ。こうした状況のなかで、住宅を本当の意味での資産だと言えるでしょうか。
良質な住宅を長く大切に使うということは、こうした状況を変えて、住宅を本当の意味での資産にすることでもあるのです。良いものを大切に使った場合は、その価値をしっかりと認める。そうすれば、住宅を資産としてより有効に活用できるのです。
良いものをつくり、長く大切に使う。それがこれからの住まいづくりにおける賢い選択ではないでしょうか。

購入後の税金や住宅ローンなどの優遇措置が用意されています。

購入後の税金や住宅ローンなどの優遇措置

※詳しくは国土交通省のHP(http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html)をご覧下さい。

長期優良住宅 に関するお問い合わせはこちら