Menu

ブルーボックス関西支店 一級建築士事務所

TOP > ブルーボックスの安心サポート >  耐震等級3対応

ブルーボックスの安心サポート 耐震等級3対応

耐震等級とはこの建物は地震に強い。あるいは建築基準法の耐震性からの余裕度は、この程度ある。
といってもなかなかピンときませんね。
そのため、平成12年に制定された品確法では、建築主の人が、耐震性を判断する目安となるように3段階の耐震等級が表示されました。等級1が基準法と同じです。等級2、等級3となるほど建物の耐震性は高くなります。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の略称。

地震国だからこその安心を

この耐震等級は、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せずといった、非常にわかりにくい表現ですが、言い換えれば、建築基準法ギリギリの建物の場合は、震度6から7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしないが、損傷をうける可能性はある。と読み替えた方が良いかもしれません。
そして、今までのサポートサービスの例からも耐震性(耐力壁の量のみ)の平均値は耐震等級2程度の建物が多いですから、あえて品確法の性能表示を申請しなくても、等級2や等級3を目指す建物を計画することが耐震性を高める目安になります。

<耐震等級の目安>
耐震等級の目安
等級1

数百年に一度発生する地震(東京では震度6から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度。(建築基準法同等)

軽い屋根15、29

等級2

上記の地震力の1.25倍の地震力に対抗できる。

軽い屋根18、45

等級3

上記の地震力の1.5倍の地震力に対抗できる。

軽い屋根22、54

耐震等級3対応 に関するお問い合わせはこちら