HOME > BBな人々 > 今月のBBな人々

BBな人々

天野 雅康さん・茜さん

 
 

玄関前に車を停められるので、ドラムセットの積み降ろしも楽々です。

1F リビング
見た目におしゃれで椅子代わりにもなる“カホン”を残して、楽器はすべて2階に収納。1階はゆったりと余裕のある空間になりました。

1F キッチン
ツールフック、スパイスラック、ペーパー&ラップホルダーなど、壁をうまく使った収納でキッチンはすっきり。

雅康さん(以下 雅) 「結婚したのは一昨年の12月ですが、そのときは部屋探しはしませんでした。一人暮らしをしていた彼女の部屋がそこそこ広かったので、そこに僕が引っ越す形で結婚生活をスタートしたんです。二人にとって本当に暮らしやすい部屋を、時間をかけてじっくり探そうと。」

茜さん(以下 茜) 「ただ主人がミュージシャンでしかもドラマーなんです。ドラムセットやパーカッションが部屋に入りきらずに、廊下から玄関まであふれて、楽器をよけながらの生活でした(苦笑)」

  • 「それでも1年近くそこで暮らして、ようやく落ち着いてきたのが去年の秋頃。そろそろ次の部屋を探そうと、楽器の置き場に困らない、広くて収納の多い部屋を物色していたら、ブルーボックスさんのロフト付きのメゾネットが見つかりました。」
  • 「お店に相談に行ったら、他にもいくつか物件を見せてくださって、そのうちの一つがこの部屋でした。下見をしてみたら、私たちが見つけた部屋より綺麗で陽当たりも良くて、ひと目で気に入りました。」
  • 「この部屋は玄関前に車を停めて荷物の積み降ろしができるんですよ。下見の途中、隣りの人が荷物を下ろしているのが目に入って、これは便利だと思いました。彼女も気に入った様子だったので、迷わずこの部屋に決めました。」
お引っ越しはかなりの荷物で大変だったのでは?
  • 「そうですね。楽器だけはなんとか自分で運んだんですが、家具や家電はさすがに無理だったので引っ越し業者さんに頼みました。業者さんはブルーボックスさんが紹介してくれました。」
  • 「引っ越し当日はバタバタだったんですよ。朝、ガスの立ち会いのときに、初めて照明がないことに気づいたんです。前の部屋は照明付きだったので、ぜんぜん気にしていなくて…慌てて近くの店に買いにいきました(苦笑)」
  • 「到着した引っ越し業者さんにまずは照明を取り付けてもらって、荷物運びはその後に。ちょうど『10分間サービス※』というのがあったのでそれを利用させてもらいました。リビングの4連スポットライトも見栄えがよくなるように丁寧にセットしてくれて、とても親切でしたよ。」
    ※10分間サービス…サカイ引っ越しセンターの無料サービス。引っ越しの際に簡単な掃除や家具の配置換えなどを約10分間行ってくれる。
それぞれの部屋が持てたのはロフトのおかげですね。

2F 南側洋室
2階南側の6.7帖は、アクセサリーの制作販売をしている茜さんのアトリエ。

オリジナルデザインの 腕時計や髪留め、イヤリングなどをInstagramの「akane_amano」のページで公開しています。

2階はどんなふうに使っていますか?
  • 「北側は僕の仕事部屋で、練習用のドラムセットやキーボード、パーカッション、パソコン、CD、本などが置いてあります。あと趣味のサーフボードも。」
  • 「南側は私の作業部屋です。趣味でアクセサリーの制作販売をしているんですよ。この部屋は広くて陽当たりがいいので、洗濯物干し場にもなっています。」
  • 「ウォークインクローゼットは僕が使っています。ドラムセットが余裕で収納できて、出し入れもしやすいので助かっています。妻の部屋にもクローゼットがあるので、それぞれ専用で使えて便利ですね。」
寝室はどうされているんですか?
  • 「ロフトです(笑)5.2帖もあって、布団を敷いて寝るのに十分な広さなんですよ。はしごではなく階段なので、上り下りもしやすいですし、ロフトというより3階のような感じで使っています。」
  • 「1階で温まった空気が上まで上がってくるので、暖房がなくても暖かいんですよ。壁にはTVアンテナの端子も付いていますし、きっと部屋として使えるように設計されているんだと思います。」
  • 「それぞれの部屋が持てたのはロフトのおかげですね。これがなかったら、また楽器の置き場所に困っていたかも(笑)」
最初は1階と2階を無駄に行ったり来たり。でもすぐに慣れました(笑)

2F 北側洋室
2階北側の6.4帖は、音楽教室の先生とジャズドラマーの2つの肩書を持つ雅康さんの仕事部屋。 自らがリーダーを務める天野雅康quintetの他、数々のライブに出演中です。

階段のある生活はいかがですか?
  • 「快適ですよ。前の部屋は2階だったんですが、玄関は1階で、入るとすぐに狭い内階段で2階へ上がらなくてはいけなかったんです。それと比べたら、ここの階段はずっと広くて、手すりも付いていて、言うことなしですね。」
  • 「最初のうちは生活導線がまとまらなくて、1階と2階を無駄に行ったり来たりしていましたけど、すぐに慣れて要領よく移動できるようになりました。運動不足解消にもなっていいと思います。」
  • 「リビングと仕事部屋が階段で仕切られているおかげで、人も呼びやすいんですよ。お客さんに仕事場を見られる心配がないのは、メゾネットのいいところだと思います。」
  • 「そうですね。この部屋に引っ越したおかげで、安心して友達に遊びに来てもらえるようになりました。」
それぞれの仕事部屋を手に入れて、創作活動にもますます気合いが入る雅康さんと茜さん。このお部屋でこれからどんな作品が生まれるのか楽しみですね。

こんなことを聞いてみました!

●Q1.特に気に入っているところは?
  • 「全体的に気に入っていますが、あえて言うならお風呂かな。戸建て住宅のお風呂みたいにおしゃれなデザインで浴槽が大きいんです。」
  • 「ゆったりと入れるせいか、疲れがよくとれるんですよ。演奏で疲れた体をほぐすためによく銭湯に行っていたんですが、引っ越してからはその必要がなくなりました」
●Q2.ドラムの練習をされていますが、音は問題ありませんか?
  • 「練習用のドラムですし、大きな音は出さないので、いまのところ苦情などはありません。お隣りには入居したときに挨拶に行って、うるさいときは言ってくださいとお話ししてあります。」
  • 「お隣りはお隣りで赤ちゃんがいるので、泣き声がうるさくないかと気にされていました。でもぜんぜん聞こえないんですよ。壁がしっかりしているんですね。」
●Q3.庭はどんなふうに使う予定ですか?
  • 「プランターを置いて、野菜を育てたりしたいなと思っています。ウッドデッキを作る計画もあるんですよ。」
  • 「いまはウッドデッキの作り方を調べて準備しているところです。春になって暖かくなったら早速着手したいと思っています。」
おすすめシュミレーション

ピックアップ

  • 無料情報誌「BLUEBOX」フリーペーパーのご紹介
  • 今月のお部屋探し
  • インテリアコーディネーターに聞く、メゾネットのお部屋づくり
  • 風水から見たメゾネット