PR

iDeCoをおすすめしない理由とは?不動産クラウドファンディングと比較してみた

資産形成の手段としてNISAと並んでよく知られているのがiDeCoです。

iDeCoは国が用意した制度であり、簡単に言えば資産運用をしながら同時に節税もできる仕組みとなっています。

一見するとメリットばかりに思えるiDeCoですが、実は意外なデメリットもあったりするのです。

そこでここではiDeCoに関するメリットとデメリットをお伝えし、不動産クラウドファンディングの比較についてもお伝えしていきます。

☆大人気の不動産クラファン「CREAL」が最大50,000円のアマギフプレゼント中!【ad】☆

東証グロース市場に上場している、1万円から投資できる不動産クラウドファンディング「CREAL」が大人気です。

そんなCREALですが2024年7月現在、当サイト限定で最大50,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

CREALの過去のキャンペーンの中でも最大規模のキャンペーンですし、会員登録をするだけでも1,000円のAmazonギフト件がもらえます。

キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、興味がある人はこの機会に無料の会員登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

CREALについて、もっと詳細を知りたい人は下記の解説記事も参考にしてみてください。

>>CREALの解説記事はこちら<<

目次

iDeCoをおすすめしない理由は?デメリット3

iDeCoも投資の一種である以上必ずデメリットやリスクは存在しています。

iDeCoのデメリットとして、主に以下の3つが挙げられます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

  • 60歳までお金を引き出すことができない
  • 元本の損失が起こる可能性がある
  • 投資できる金額に制限がある

 

iDeCoのデメリット1.60歳までお金を引き出すことができない

iDeCoは、毎月一定額のお金を積み立てていき60歳になったらそのお金を引き出すことができる個人年金制度の一種です。

そのため基本的には60歳になるまで積み立てているお金を引き出すことはできません

急にお金が必要になった時にiDeCoを切り崩してお金を使うことが自由に使うことができないのです。

貯金と同じような感覚でいると、いざという時にお金を引き出すことができず困ることもあるかもしれません。 

iDeCoのデメリット2.元本の損失が起こる可能性がある

iDeCoは国が用意した制度であり、投資先も指定の証券会社の投資商品から選びます。

その種類は外貨投資、債権投資、株式投資など多彩ですがどれも損失が出る可能性のある投資対象だということを忘れないようにしましょう。

iDeCoに投資した場合でも市況の変化により、運用した元本の損失が起こる可能性があります 

iDeCoのデメリット3.投資できる金額に制限がある

iDeCoは投資したお金が所得税や住民税の控除対象となるメリットがあります。

そのため、何百万円もの金額を投資すれば所得税、住民税が0円になるのではないかと考える人もいるかもしれません。

残念ながらiDeCoは運用できる金額には1か月あたりの上限が定められており、サラリーマンの方の場合、投資上限額は毎月23000円です。

そのため1年の上限は27万6000円となっており、節税効果は一定のものとなっています。 

iDeCoの特徴・メリット3

ここまではデメリットを挙げてきましたが、iDeCoは多くの人が利用しているのも事実です。

iDeCoに投資することでどういったメリットが得られるのかも同時に見ていきましょう。

そのメリットは主に以下の3点です。

  • 運用の手間がかからず多彩な投資対象から選ぶことができる
  • 運用したお金が所得から控除されるので節税になる
  • 自営業の人は運用できる額が大きくなる

iDeCoの特徴・メリット1.運用の手間がかからず多彩な投資対象から選ぶことができる

iDeCoは基本的には証券会社が用意する投資信託商品の中から自分が投資する商品を選ぶことになります。

投資信託とは証券会社などにお金を預け、その預けられたお金を元に資産運用のプロである証券会社が自分に代わって資産を運用してくれる仕組みの投資です。

そのためお金を預けた後は自分で資産を直接運用する必要がありません。

仕事が忙しい人にとっては、とてもありがたいシステムだと言えます。

iDeCoの特徴・メリット2.運用したお金が所得から控除されるので節税になる

iDeCoの最も大きなメリットが、投資したお金が所得税と住民税の控除対象となることという点です。

具体的には、例えば年間400万円の所得がある給与所得者の場合、iDeCoに最大限投資していれば毎月23,000円、年間で276000円が所得から差し引かれます。

参考:【iDeCo】掛金の上限下限はいくらですか : SBI証券

276000円が所得から差し引かれた場合、所得税率が20%、住民税率が10%なので、276000×30%82,800円の税金を減らすことができるのです。

iDeCoは投資した運用益が発生すると同時に、投資の損失が発生する可能性もあります。

しかし、節税効果は必ず生まれるので、8万円以上、確実にお金が得になると言えるのです。

iDeCoの特徴・メリット3.自営業の人は運用できる金額が大きくなる

iDeCoはサラリーマンの方は年間で276000円が運用の上限です。

一方でサラリーマンではない人、例えば自営業の方の場合は毎月68,000円、年間で最大81万6,000円も運用することが可能です。

参考:【iDeCo】掛金の上限下限はいくらですか : SBI証券

iDeCoは個人年金制度ですから国の年金に加入していない自営業の方が将来の個人年金とするために上限が優遇されているのです。

年間816,000円投資した場合、所得税と住民税率が合わせて30%でしたら、その節税効果は年間248,000円にもなります。(所得が400万円の場合)

確実にこれだけのキャッシュフローは生み出せるのですから、個人事業主や自営業者にとっては大きなメリットがあると言えるでしょう。

\最大5万円分のアマギフプレゼント/

iDeCoがおすすめな人

iDeCoのメリットとデメリットを同時に知った上で、iDeCoをおすすめできる人とはどんな人でしょうか. それは主に以下のような人になります。

  • 確実な節税効果を得たい人
  • 個人事業主や自営業である人

iDeCoがおすすめな人1.確実な節税効果を得たい人

iDeCoは投資であるため、確実に利益が出るとは断言できない側面があります。

しかし、節税に関しては確実にその効果が発揮されます。

サラリーマンでも所得によりますが、年間5万円以上のキャッシュフローの改善を見込めます。

少しでも税金を少なくして手取りのお金を増やしたい人にとっては、iDeCoは利用しておきたい制度だと言えます。

iDeCoがおすすめな人2.個人事業主や自営業である人

個人事業主や自営業の方は、サラリーマンよりもiDeCoで利用できる金額が大きいです。

そのため、年間の節税効果に関しても大きいものがありiDeCoを使うことで夫婦で自営業してるならば、年間で最大所得163万円も控除を受けて所得額を減らせます。

家族で自営業に従事している人は、iDeCo利用して税金を減らし手取りのお金を増やすようにしましょう。 

iDeCoがおすすめではない人

一方で、iDeCoをおすすめできない人とはどんな人でしょうか。

iDeCoは長期間に渡る投資であるため、短期視点で投資をした人にはそれほど向いていないかもしれません。

主に以下のような人には、iDeCoはあまりお勧めできないとも言えます。

  • 投資の利益をすぐに運用して、複利効果を生み出したい人
  • 短期的にすぐ利益を得たい人

iDeCoがおすすめではない人1.投資で得た利益をすぐに運用して複利効果を生み出したい人

iDeCoは一度投資したお金は60歳まで引き出すことができません。

そして投資したお金だけではなく投資した利益も同時に引き出すことはできないのです。

投資のメリットの一つである、「投資で得た利益を再度投資に回す」

という複利効果を発揮することができません。

投資は得た利益をさらに投資に回すことで、大きな運用益を生み出せますが、iDeCoの場合それはできません。

大きな利益を狙うのには向いていないのです。 

iDeCoがおすすめではない人2.短期的にすぐ利益を得たい人

iDeCoは基本的に60歳まで利益を受け取ることができません。

そのため、基本的には定年退職後の収入を支える収入源としてiDeCoは運用することになります。

今すぐ使うために投資でお金を増やしたい、投資で得た利益を受け取りたいという人には、iDeCoは向いているとは言えないのです。

短期的にお金を増やしたり、すぐにお金を引き出したいのであれば株式投資やFX投資といった投資手法が向いています。

短期運用をしていきたい方は不動産クラウドファンディングがおすすめ!

iDeCoは確実な節税効果を狙え、将来のためのお金を運用できるサービスです。

しかし、短期的に投資をしてお金を増やしていきたい方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングとは、不動産を運用するプロジェクト(ファンド)に複数の投資家で投資をするものです。

仕組みは、インターネット上で集めた複数の投資家から出資を募り、その出資金で不動産の取得と運用を運営会社が行い、不動産から出た利益を分配します。

複数の投資家で1つのファンドに投資するので、数千万円とする不動産に1万円〜10万円ほどで投資ができます。

運用期間は1年前後のものが多く、運用は運営会社にすべてお任せできるので、運用終了までなにもすることはありません。

短期で投資していきたい方におすすめの投資方法です。

不動産クラウドファンディングとiDeCoの違い3選

不動産クラウドファンディングについて紹介しましたが、ここではiDeCoとの違いを見ていきましょう。

主に以下の3点が違います。

  • 運用期間が短い
  • 節税効果はない
  • 投資できる額に制限はない

順番に見ていきましょう。

不動産クラウドファンディングとiDeCoの違い1. 運用期間が短い

先ほども紹介しましたが、60歳になるまで引き出せないiDeCoと違い、不動産クラウドファンディングの運用期間は1年程度のものがほとんどです。

また、運用期間半年未満のようなファンドから10年程度のものもありますので、自分の好みに合った投資ができます。

iDeCoを老後のために使って、短期間でお金を増やすために不動産クラウドファンディングを使うという分散投資も良いでしょう。

不動産クラウドファンディングとiDeCoの違い2.節税効果はない

iDeCoには節税効果がありますが、不動産クラウドファンディングで主に組成されている「匿名組合型」のファンドでは節税効果はありません。

不動産を所有すると、相続時に節税効果を受けれることがありますが、匿名組合型ファンドでは不動産の所有権は持たないため節税効果を受けることはできないのです。

しかし不動産クラウドファンディングの中の「任意組合型」のファンドは節税効果を受けられるので、節税効果を狙いたい人は検討してみてください。

不動産クラウドファンディングとiDeCoの違い3.投資できる額に制限はない

ファンドごとによっては上限投資額が決まっていることがありますが、不動産クラウドファンディング全体で投資額の制限はありません。

そのため多くのリターンを得られる可能性もあります。

不動産クラウドファンディングは今人気の投資のため、サービス会社は100近くあります。

リスクもリターンも高いもの、リスクを抑えてリターンも少ないもの、などさまざまな種類があるため、分散投資も簡単です。

主要不動産クラウドファンディング2選を紹介

ここまで不動産クラウドファンディングについて解説していきましたが、主要の不動産クラウドファンディングサービス2社を紹介していきます。

短期間で高いリターンを狙いたい人向けのサービス「ヤマワケエステート」

不動産クラウドファンディングの中でもトップの高利回りを誇るサービスが「ヤマワケエステート」です。

2023年10月に1号案件を出したばかりの新しいサービスですが、ヤマワケエステートの直近10件の平均利回りは約13.5%(2024年7月時点)と、他社に比べても圧倒的な高利回りを誇っています。(平均的な利回りは5%程度)

高利回りを実現できているには、開発案件を多く取り扱っていることが挙げられます。

利権関係が少し複雑で売りづらい案件を整理して売りやすくすることや、使えない建物を壊して綺麗な土地にして売るなど、安い物件を高く売ることをしています。

また、運用期間が1年未満のファンドもく、短期間で高いリターンを狙える点も魅力です。

しかし、付加価値を高めて売却するので、案件を取りまとめる難易度が高かったり、買い手が見つからなければ利益を出せないリスクはあります。

あくまでも余剰資金の範囲で、かつ案件情報の精査をした上で投資できる方であれば、短期間で高いリターンを狙えるサービスといえます。

ヤマワケエステートの公式サイトを見てみる→

ヤマワケエステートの解説記事を見てみる→

堅実に一定のリターンを積み上げたい人向けのサービス「CREAL(クリアル)」

CREALは上場企業のクリアル株式会社が運営しているサービスです。

組成件数は110件超えと、不動産クラウドファンディング業界の中でも特に実績のあるサービスです。

特徴としてインカムゲイン(運用益)がメインのファンドを多く組成していることが挙げられます。

インカムゲインのファンドは賃料からの利益のため、定期的に売り上げが発生しますし、市況が大きく落ちこむ可能性も低く、安定的な投資ができるでしょう。

マスターリースという賃料保証契約を結んでいる案件もあり、元本割れリスクを抑えられています。

堅実な投資をしたい方におすすめのサービスです。

CREALの公式サイトを見てみる→

CREALの解説記事を見てみる→

まとめ

この記事ではiDeCoをおすすめしない理由と不動産クラウドファンディングについて解説していきました。

節税効果をしっかり得て、老後のために投資したい方にはiDeCoの方が向いていますし、すぐに利益を出したい方には不動産クラウドファンディングが合っていると言えます。

どちらがいい、悪いではないので、自分に合った投資をするといいでしょう。

また、投資は分散が原則です。

2つの投資が気になった方は2つ始めてみるのもいいかもしれません。

この記事が投資の参考になれば幸いです。

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額700億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年7月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまで100社以上の不動産サービスについて紹介・解説してきました。編集部は宅建士や、不動産メディア運営に5年以上携わるメンバーで構成されています。誠実で正確な情報発信を心がけています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次