メゾネット賃貸は構造もすごい

音に強い

メゾネット賃貸の「2重壁構造」は、防音対策用に開発された独自構造

メゾネット賃貸は、部屋ごとに壁を設け、構造的には接合していない防音シート付き2重壁構造を独自に開発。部屋ごとの壁を完全独立構造にすることで、音の軽減を図りました。このように普段の生活では見えない部分にも快適性を追求し、改良を行っております。

優れた耐震性

国内外の建築物が証明する 信頼の高耐震・高耐久性

数ある建築工法の中でも、優れた耐震性を持つことで知られる2×4工法。この工法は床、壁、天井が6面一体の構造のため、揺れを面全体で受け止める点が大きなメリット。鉄骨軸組工法で建てられた住宅などに比べても、耐震性の高い工法です。1995年の阪神淡路大震災では、建築された2×4工法のうち、96・8%が補修なしでも居住可能な状態であったというデータも残されています。

不同沈下をおきにくくする「鉄筋コンクリートベタ基礎」を採用

メゾネット賃貸の基礎工事は、すべて「鉄筋コンクリートベタ基礎」を標準採用。鉄筋を張り巡らせた土間コンクリートを基礎内全面に施すことにより、不同沈下が起きにくい強固な基礎を造り上げています。また「防湿シート施工」もおこない、地面からの湿気とシロアリの侵入をシャットアウトします。