PR

VERFUND(ベルファンド)の評判・口コミはどう?一口一万円から始められる不動産クラウドファンディングの概要を紹介

「VERFUNDの利回りはホント?」

「SNSで話題だけど実際どうなの?」

SNSで注目されている高い利回りが魅力の不動産クラウドファンディングVERFUND。

安心して利用できるサービスなのか、利用者の評判や口コミが気になる方も多いのではないでしょうか。

VERFUNDの評判について詳しく紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

>>VERFUNDの公式サイトはこちら<<

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年5月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

目次

VERFUND(ベルファンド)の評判・口コミを紹介

VERFUNDの評判と口コミを紹介します。

X(旧Twitter)をリサーチした結果、VERFUNDに関する声をいくつか発見しました。

高い利回りが注目を集めている不動産クラウドファンディングサービスです。

短期運用で劣後出資割合が高いことも大きな魅力。

応募方式は抽選のため、落選したという人の声も多くありました。

倍率が高く当選しにくいということから、人気の高さがうかがえます。

>>VERFUNDの公式サイトはこちら<<

VERFUND(ベルファンド)の強み・メリット5選

VERFUNDの強みとメリットは、以下の5つです。

  • 高い利回りのファンドに投資できる
  • ファンドの運用期間が短い
  • 10万円から不動産投資を始められる
  • 優先劣後システムを採用している
  • オンラインで完結できる

それぞれ詳しく解説します。

高い利回りのファンドに投資できる

VERFUNDのファンドは、高い利回りが魅力。

安定した入居者ニーズが見込まれる首都圏マンションへの投資が可能です。

現在までに募集されたファンドの想定利回りは5~12%のため、高い利回りが期待できます。(2024年4月時点)

ファンドの運用期間が短い

VERFUNDのファンドは、運用期間が3ヶ月のものがほとんどです。

短期運用ファンドのため、投資資金が拘束される期間が短く安全性が高まります。

10万円から不動産投資を始められる

VERFUND では、10万円から不動産投資を始められます。

一般的な現物の不動産投資は、多額な自己資金が必要だったり、不動産投資ローンを組む必要があったり、ハードルが高い投資方法です。

VERFUNDのファンドの最低投資金額は10万円。

不動産クラウドファンディングでは、少額の自己資金でも不動産投資を始められるのが強みです。

まとまった自己資金が用意できない人や初心者も、気軽に始めやすいでしょう。

優先劣後システムを採用している

VERFUNDでは、優先劣後システムを採用しています。

優先劣後システムでは優先出資者が投資家、劣後出資者がVERFUNDとなり、一定割合までの元本割れリスクを抑えられます。

利益が出た場合は、優先出資者である投資家が優先して利益を受け取ることが可能。

一方、損失が発生した場合、劣後出資者であるVERFUNDが先に損失をカバーします。

事業者が出資する割合である劣後出資割合の範囲内の損失であれば、元本割れを防ぐことができます。

一般的な不動産クラウドファンディングの劣後出資割合は10~30%程度。

ファンドによって異なりますが、VERFUNDの劣後出資割合は概ね30%です。

VERFUNDでは劣後出資割合が高いため、元本割れリスクの低減が期待できるでしょう。

オンラインで完結できる

申し込みから運用までオンラインで完結できるため手軽です。

対面による面倒な手続きは不要。

スマホひとつで気軽に始められます。

VERFUND(ベルファンド)の注意点・デメリット2選

VERFUNDの注意点とデメリットは、以下の2つです。

  • 原則中途解約できない
  • 元本割れの可能性がある

それぞれ詳しく解説します。

原則中途解約できない

ファンドの運用がスタートすると運用終了までは、原則中途解約できません。

投資資金には、当面使う予定のない余裕資金を充てることが大切です。

元本割れの可能性がある

一般的な不動産クラウドファンディングは、元本保証がありません。

VERFUNDでも同様に、元本が保証されていません。

サービスを利用する際には、元本割れの可能性があることを理解した上で慎重に判断しましょう。

VERFUNDでは、先に紹介した優先劣後システムを採用しているため、損失が劣後出資割合の範囲内であれば元本割れを防ぐことが可能です。

VERFUND(ベルファンド)のキャンペーン情報

VERFUNDではキャンペーンは行われているのでしょうか。

過去のキャンペーン情報とともに解説してきます。

VERFUNDで実施中のキャンペーン情報

2024年4月時点、VERFUNDではキャンペーンは実施されていません。

しかし定期的にキャンペーンは行われているので今後も期待できるでしょう。

キャンペーン情報が更新され次第、追記していきます。

VERFUNDの過去のキャンペーン情報

VERUNDでは定期的にキャンペーンが実施されています。

ここでは過去のキャンペーン情報を紹介していきます。

内容 新規本会員登録でAmazonギフト券1,000円分プレゼント
条件 2024年3月20日~2024年4月18日中(23:59まで)に審査依頼を行い、その後、審査承認⇒新規本会員登録を2024年4月18日までに完了した方が対象
期間 2024年3月20日~4月18日
注意点 案内メール送信までに退会された方は、進呈の対象外

>>VERFUNDの公式サイトはこちら<<

VERFUND(ベルファンド)を利用するまでの流れ

VERFUNDを利用するまでの流れは、以下の通りです。

  1. 会員仮登録
  2. 会員本登録
  3. 本人確認

それぞれのステップを詳しく解説します。

1.会員仮登録

公式サイトから仮登録を申請します。

仮登録には、メールアドレスやパスワードの入力が必要です。

登録したメールアドレスに仮登録完了メールが届くので、記載されているURLから本登録に進みます。

2.会員本登録

仮登録完了メールに記載されているURLをクリックし、必要事項を入力します。

規約に同意し、本人確認書類の提出に進みます。

3.本人確認

オンラインもしくは郵送で、本人確認書類を提出します。

Polarifyでの本人確認

本登録画面の下部にある「スマホで本人確認を行う」をクリック。

QRコードを読み取り本人確認書類画像を提出します。

スマホを利用したオンライン本人確認では、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどの本人確認書類が1点のみ必要です。

審査後、会員登録完了のメールが送付されるので、マイページにログインし本人確認コードを入力すると会員登録完了です。

ハガキ郵送での本人確認

本登録画面の下部にある「本人確認書類提出へ進む」をクリック。

本人確認書類画像をアップロードします。

ハガキ郵送での本人確認では、本人確認書類2点が必要です。

審査後、登録した住所に本人確認ハガキが郵送されるので、マイページにログインし本人確認コードを入力すると会員登録完了。

申請完了後、ハガキの発送までには1週間程度かかります。

>>VERFUNDの公式サイトはこちら<<

VERFUND(ベルファンド)は短期間でリターンを得たい人におすすめ!

VERFUNDは、短期間でリターンを得たい人におすすめです。

運用期間が3ヶ月の短期ファンドを取り扱っています。

5~12%の高利回りファンドのため、短期間でのリターンが期待できるでしょう。

VERFUND(ベルファンド)の運営会社情報

VERFUNDは株式会社ベルテックスが運営する不動産クラウドファンディングサービスです。

安定した需要が見込まれる首都圏マンションに投資できます。

株式会社ベルテックスは、不動産の売買や仲介、賃貸管理業務、保険業務など、幅広い不動産事業を展開している企業です。

株式会社ベルテックスの会社概要

株式会社ベルテックスの会社概要は、以下の通りです。

会社名

株式会社ベルテックス

本社所在地

〒163-6009
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー9階

設立日

2010年12月7日

代表者

根尾祐司

資本金

5,000万円

社員の人数

従業員数:144名(内訳:役員5名は含まない。2022年9月1日現在)

取得している免許

  • 宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(1)第9910号
  • マンション管理業者登録 国土交通大臣(1)第34562号
  • 賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第000366号
  • 特定建設業・東京都知事許可(特-4)第151582号
  • 小規模不動産特定共同事業 東京都知事(1)第4号

まとめ

今回紹介したVERFUNDについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • SNSで話題の不動産クラウドファンディングサービス
  • 高い利回りが期待できる
  • 10万円から不動産投資を始められる
  • 元本割れリスクを抑えられる優先劣後システムを採用
  • 短期間でリターンを得たい人におすすめ

短期間で高いリターンが期待できる不動産クラウドファンディングに興味を持たれた方は、VERFUNDの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

>>VERFUNDの公式サイトはこちら<<

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年5月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【監修】森敬太のアバター 【監修】森敬太 代表取締役

株式会社Lifeplay代表取締役。宅地建物取引士。前職で複数の不動産メディアの責任者を務めたのちに独立。現在は不動産クラウドファンディングのポータルサイト「Fund Bridge」を運営。法人として「一般社団法人不動産クラウドファンディング協会」にも加盟。自身でも300万円超、10社以上の不動産クラウドファンディングに投資し、中立的な情報発信を心がけている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次