PR

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

「DARWIN Fundingのホームページだけではわからない特徴を知りたい。」

「DARWIN Fundingの実際の口コミを知りたい。」

DARWIN Fundingの利用を検討している方の中には、上記のような要望を抱えている方も少なくありません。

世の中には不動産クラウドファンディングサービスが数多くあり、DARWIN Fundingが本当に自分に適したサービスなのかを判断しかねる方が多いためです。

そこで、この記事ではDARWIN Fundingの特徴や注意点について詳しく解説していきます。

では、まずDARWIN Fundingについて紹介していきましょう。

DARWIN Fundingは、2022年8月にサービスを開始した新しいサービスです。

投資対象の物件の幅が広いという特徴がある一方で、実績が乏しいというデメリットがあります。

DARWIN Fundingの特徴や注意点をより詳しく知りたい方は、この記事を最後まで読んで下さい。

>>DARWIN Fundingの公式サイトはこちら<<

☆大人気の不動産クラファン「CREAL」が最大50,000円のアマギフプレゼント中!【ad】☆

東証グロース市場に上場している、1万円から投資できる不動産クラウドファンディング「CREAL」が大人気です。

そんなCREALですが2024年7月現在、当サイト限定で最大50,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

CREALの過去のキャンペーンの中でも最大規模のキャンペーンですし、会員登録をするだけでも1,000円のAmazonギフト件がもらえます。

キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、興味がある人はこの機会に無料の会員登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

CREALについて、もっと詳細を知りたい人は下記の解説記事も参考にしてみてください。

>>CREALの解説記事はこちら<<

目次

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)の評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

ここでは、DARWIN Fundingを利用した口コミを紹介していきます。

口コミを確認することは自身に合ったサービスを選ぶうえで非常に重要なため、しっかりと確認するようにしましょう。

DARWIN Fundingの良い評判・口コミ

DARWIN Fundingの良い口コミを紹介します。

上記のように、投資に際してキャンペーンを受けることができたことを喜ぶ声がありました。

DARWIN Fundingの悪い評判・口コミ

DARWIN Fundingの悪い口コミを紹介します。

口コミのように、不安を感じて投資を見送ったという方も見受けられました。

>>DARWIN Fundingの公式サイトはこちら<<

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)の強み・メリット3選

DARWIN Fundingのメリットは以下の3つです。

  • 利回りが高い
  • 投資物件が幅広い
  • 運用期間が短い

上記のメリットについて解説するので内容をよく確認するようにして下さい。

DARWIN Fundingの強み・メリット1.利回りが高い

DARWIN Fundingの第一号案件の利回りは「8%」です。

他社のサービスの利回りは「4~7%」であるため、他社のサービスと比較してもDARWIN Fundingの利回りは高いと言えます。

そのため、DARWIN Fundingは高い分配金がほしい方におすすめです。

DARWIN Fundingの強み・メリット2. 投資物件の幅が広い

DARWIN Fundingの投資対象物件は、以下の通りです。

  • 新築物件
  • 中古物件
  • 一棟マンション
  • 区分マンション
  • オフィス物件

上記のようにさまざまな物件を対象にしています。

DARWIN Fundingの強み・メリット3.運用期間が短い

DARWIN Fundingの案件は運用期間が「2〜11ヶ月」であることが多く、運用期間が短い傾向があります。

短期運用であるため、運用のリスクを抑えられて、換金もしやすいです。

他社の場合、運用期間が「1年」という案件が多いことを考えると、このことは大きなメリットと言えます。

とはいえ、DARWIN Fundingは案件が17件しかないため、今後運用期間が長い案件がリリースされる可能性もあるので、短期運用をしたい方は案件がリリースされるたび詳細を確認してください。

\最大5万円分のアマギフプレゼント/

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)の注意点・デメリット2選

DARWIN Fundingの注意点・デメリットは、以下の2つです。

  • 実績が乏しい
  • 募集方式が抽選式である

解説する内容を読んで自分にとって最適なサービスなのか判断して下さい。

DARWIN Fundingの注意点・デメリット1.実績が乏しい

DARWIN Fundingの注意点・デメリットは、実績が乏しいことです。

2022年8月10日に第一号案件の募集が開始されたばかりで、2024年7月時点で運用が終了しているのは10件しかありません。

そのため、想定利回りどおりの結果が未知数であるため、リスクについての判断をするのは容易ではありません。

とはいえ、第一号案件の募集金額は「2,200万円」だったのに対して、応募金額は「7,484万円」が集まるほど人気なのは確かです。

信頼性を担保するものではないですが、投資家が信頼できるサービスであると判断しているのは一つの判断材料と言えます。

DARWIN Fundingの注意点・デメリット2.抽選式である

DARWIN Fundingの案件の応募形式は「抽選式」がメインです。

そのため、申し込みを完了しても必ずしも投資できないケースもあります。

したがって、DARWIN Fundingの案件は投資したくても投資できない可能性があることを理解しておきましょう。

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)のリスク

DARWIN Fundingも他社のサービスと同様に元本が保証されていないため、元本が毀損するリスクあります。

とはいえ、投資家のリスクを軽減するために優先劣後システムを導入しており、投資家が安心して投資できる環境作りには余念がありません。

したがって、過度な心配は不要です。

>>DARWIN Fundingの公式サイトはこちら<<

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)は儲かる?実績を確認

2024年7月時点ではDARWIN Fundingの案件は20件しかありません。

そのため、他のサービスと比較すると非常に実績に乏しいです。

とはいえ、募集金額に対して約4倍の金額が集まっているなど、投資家から注目されていることは事実です。

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)の仕組みをわかりやすく解説

DARWIN Fundingの仕組みは、以下のとおりです。

  1. 運営会社が物件選定し、案件を組成する
  2. DARWIN Funding上で投資家から出資を募る
  3. 購入した物件を運用する
  4. 得た家賃収入や物件を売却して得た売却益の一部を投資家に分配する

投資を検討しているなら、上記のような仕組みで配当金が分配されています。

DARWIN Fundingは優先劣後システムを導入

優先劣後方式とは投資した物件の運用によって発生した損失から投資家の元本を守る仕組みのことです。

具体的には、優先出資者を投資家、劣後出資者を事業者に分けており、損失が出た際に劣後出資者の出資金から損失が補填されます。

DARWIN Fundingはこの優先劣後システムを導入しており投資家リスクを抑えられているので、安心して投資できるサービスと言えます。

>>DARWIN Fundingの公式サイトはこちら<<

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)に税金はかかる?

DARWIN Fundingには税金が掛かります。

しかし、分配金から源泉徴収税(税率20.42%)を控除されるため、配当金が分配された際に納税する必要はありません。

DARWIN Fundingは確定申告が必要な場合がある

DARWIN Fundingの分配金は「雑所得」であるため、総合課税対象です。

そのため、確定申告が必要になります。

しかし、給与所得者で1年間の雑所得の合計金額が20万円以下の条件に該当する方は、確定申告をする必要はないので覚えておくようにして下さい。

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)は「高い分配金が欲しい人」におすすめ!

DARWIN Fundingは「高い分配金が欲しい人」に向いているサービスになります。

運用されている案件の利回りは第一号案件が8%、それ以降も5.5〜6.5%で推移するなど他社のサービスと比較して利回りが高いためです。

高い分配金が欲しい方は、DARWIN Fundingへの投資を検討してみましょう。

>>DARWIN Fundingの公式サイトはこちら<<

DARWIN Funding(ダーウィンファンディング)の運営会社情報

DARWIN Fundingの運営会社は「投資不動産の売買・仲介・賃貸・管理」を行っているダーウィンアセットパートナーズ株式会社です。

不動産投資のプロであるため、不動産の運用に関するノウハウや豊富な実績があります。

そのため、DARWIN Fundingでの運用に関しても信頼性が高いと言えるでしょう。

ダーウィンアセットパートナーズ株式会社の会社概要

ダーウィンアセットパートナーズ株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名 ダーウィンアセットパートナーズ株式会社(Darwin Asset Partners)
設立日 2009年9月18日
資本金 1億円
代表者名 男松 祐次
本社住所 〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館 3F

まとめ

DARWIN Fundingは、2022年8月10日に第一号の案件の募集をスタートした新しいサービスです。

他社のサービスよりも高利回りである特徴があるため、高いリターンを欲しい方におすすめしたいサービスになります。

しかし、実績が非常に乏しいため、投資を検討している方の中には投資するべきか悩んでいる方も少なくありません。

そのため、この記事では、DARWIN Fundingについての特徴や注意点について、詳しく解説してきました。

DARWIN Fundingが気になっている方は、この記事を参考にしてみて下さい。

>>DARWIN Fundingの公式サイトはこちら<<

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額700億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年7月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【監修】森敬太のアバター 【監修】森敬太 代表取締役

株式会社Lifeplay代表取締役。宅地建物取引士。前職で複数の不動産メディアの責任者を務めたのちに独立。現在は不動産クラウドファンディングのポータルサイト「Fund Bridge」を運営。法人として「一般社団法人不動産クラウドファンディング協会」にも加盟。自身でも300万円超、10社以上の不動産クラウドファンディングに投資し、中立的な情報発信を心がけている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次