PR

TSON FUNDINGの評判・口コミは怪しい?メリット・デメリットから過去の実績まで徹底解説!

「TSON FUNDINGの利用を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?」

「実際に利用した人の声を聞いた上で、利用するか判断したい!」

など、TSON FUNDINGを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

投資家である筆者がTSON FUNDINGのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

また、利用者の評判や口コミについても紹介していくので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

☆大人気の不動産クラファン「CREAL」が最大50,000円のアマギフプレゼント中!【ad】☆

東証グロース市場に上場している、1万円から投資できる不動産クラウドファンディング「CREAL」が大人気です。

そんなCREALですが2024年7月現在、当サイト限定で最大50,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

CREALの過去のキャンペーンの中でも最大規模のキャンペーンですし、会員登録をするだけでも1,000円のAmazonギフト件がもらえます。

キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、興味がある人はこの機会に無料の会員登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

CREALについて、もっと詳細を知りたい人は下記の解説記事も参考にしてみてください。

>>CREALの解説記事はこちら<<

目次

TSON FUNDINGの評判・口コミは悪い?投資した人のリアルな声を紹介!

TSON FUNDINGに投資をしている方はどのような評判や口コミが投稿しているのか気になりますよね。

そこで、ここからはTSON FUNDINGの評判や口コミを紹介していきます。

TSON FUNDINGの良い評判・口コミを紹介

まずはTSON FUNDINGの良い評判や口コミを見ていきましょう。

TSON FUNDINGは分配金が振り込みされる日にちまで運用期間とみなされます。

そのため、思っていたよりも多くの分配金が得られるといった喜びの声が投稿されていました。

またTSON FUNDINGは定期的にキャンペーンをおこなっています。

キャンペーンに対する良い意見も多いですね。

気になる方は公式サイトをチェックしてください。

TSON FUNDINGの悪い評判・口コミを紹介

続いてTSON FUNDINGの悪い評判や口コミの内容も紹介します。

任意組合ファンドの場合は、「元本や配当金の支払い時に振込手数料がかかってしまった」などの声が見られました。

また、TSON FUNDINGで注目されているファンドは多くの投資申込が殺到するため、抽選倍率があがってしまいます。

過去には募集金額に対して9倍もの申し込みがあったファンドがありました。

ファンドによってはなかなか当選しにくいようです。

しかし、募集金額の集まりが遅いファンドもあります。

募集金額に届かなければ応募期限が延長することもあるため、出資金が集まるかどうかが気になっている投資家もいました。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

TSON FUNDINGの4つの特徴・メリット

TSON FUNDINGの特徴やメリットはこちらの4つです。

  • 投資方針に合わせてファンドを選べる
  • 空室保証により空室リスク対策がおこなわれている
  • ファンドの運用途中でも解約ができる
  • 不動産AIによる独自のマーケティングをおこなっている

それぞれ解説していきます。

TSON FUNDINGの特徴・メリット1.投資方針に合わせてファンドを選べる

TSON FUNDINGでは2種類のファンド形式を用意しており、投資方針に合わせて選択できます。

ファンドの種類や特徴はこちらを参考にしてください。

ファンド形式 匿名組合型 任意組合型
募集単位 一口10万円から 一口10万円から
運用期間

短期

6か月〜1年)

長期

3年〜)

特徴

・短期投資に適している

・優先劣後システムを導入しており、リスクをおさえた投資ができる

・長期投資に適しており、一度投資をすればほったらかしでも運用できる

・贈与や相続対策に有効

対象商品

・森林再生シリーズ

SMART FUNDシリーズ

・AI勝率一番180シリーズ

SONAEシリーズ
収益物件の所有者 事業者 投資家
責任範囲 出資分のみ 無限
所得税の区分 雑所得 不動産所得
源泉徴収の有無

匿名組合型は不動産クラウドファンディング、任意組合型は不動産投資の側面が強いと判断できます。

TSON FUNDINGの特徴・メリット2.空室保証により空室リスク対策がおこなわれている

TSON FUNDINGの特徴・メリット2.空室保証により空室リスク対策がおこなわれている

TSON FUNDING で取り扱っているSMART FUNDシリーズとSONAEシリーズでは、入居が開始されたタイミングから空室保証が付きます。

不動産クラウドファンディングでのリスクは賃貸する人がおらず、賃料が一切発生しないことが挙げられます。

この空室保証により、家賃収入の低下に備えているのです。

TSON FUNDINGの特徴・メリット3.ファンドの運用途中でも解約ができる

TSON FUNDINGの特徴・メリット3.ファンドの運用途中でも解約ができる

不動産クラウドファンディングではファンドの運用がはじまると、基本的には途中解約ができません。

そのため「急に現金が必要になったときのことを考えると、なかなか投資ができない」と考えている方もいます。

しかしTSON FUNDINGではやむを得ない状況が生じた際は、途中解約が可能です。

「中途解約申込書兼出資金払戻申請書」に必要事項を記入したうえで、運営会社宛てに送ってください。

なお、中途解約手続きには1か月ほどかかるとされています。

即日解約ではない点に注意してください。

TSON FUNDINGの特徴・メリット4.不動産AIによる独自のマーケティングをおこなっている

TSON FUNDINGでは不動産AIによって、効率的に収益不動産の選定をおこなっています。

インターネット上にある約300万件もの不動産データを分析しており、住所や希望価格などを入力するだけで該当エリアのスクリーニングが可能です。

そのため、膨大なデータに裏付けられた収益不動産に投資ができるので、安定した収益が期待できます。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

\最大5万円分のアマギフプレゼント/

TSON FUNDINGの2つの注意点・デメリット

TSON FUNDINGの注意点やデメリットは以下の2点です。

  • 最低投資額が10万円
  • 抽選に外れる可能性がある

順番に見ていきましょう。

TSON FUNDINGの注意点・デメリット1.最低投資額が10万円

TSON FUNDINGの注意点・デメリット1.最低投資額が10万円

これまではTSON FUNDINGの最低投資額は5万円でしたが、最近では最低投資額が10万円に引き上げられました。

不動産クラウドファンディングでは1万円から投資ができるサービスもあるので、少額から投資をしたい方にとっては高いと感じるかもしれません。

もし少額から不動産投資をしたのであれば、ほかの不動産クラウドファンディングの利用も視野に入れてください。

TSON FUNDINGの注意点・デメリット2.抽選に外れる可能性がある

TSON FUNDINGの注意点・デメリット2.抽選に外れる可能性がある

TSON FUNDINGでは先着方式と抽選方式の2種類の申込方法があります。

抽選方式は期限内に投資申込をすればよいので、忙しい方でも投資しやすいです。

しかし、人気のあるファンドでは抽選倍率が高くなってしまい、落選する確率が上がってしまいます。

たとえば、過去に募集のあった「森林再生19号」では募集金額に対して、応募金額が9倍以上集まりました。

落選する可能性があることを念頭に置いて、投資申込をおこなってください。

TSON FUNDINGは危ない?詐欺や元本割れについて紹介!

2024年4月時点の情報では、TSON FUNDINGで組成されたファンドは122件です。

3つのファンドの種類の中ではSMART FUNDがもっとも多く組成されています。

ファンドの運用は問題なくおこなわれており、詐欺や元本割れの情報はありません。

新規ファンドは月に1件以上の募集がかけられていて、投資できるチャンスは十分あります。

以上の内容から、TSON FUNDINGの実績は良いと判断できますね。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

TSON FUNDINGに出金手数料はかかる?

出金手数料は匿名組合か任意組合かによって変わります。

TSON FUNDINGでは配当金や出資元本は投資家指定の口座に振り込まれます。

匿名組合の場合は配当金、出資元本の支払いはTSON FUNDINGが負担し、任意組合の場合は配当金、出資元本の支払いは投資家負担です。

匿名組合の場合は手数料がかからないので特に気にする必要はないのですが、任意組合だと手数料がかかってしまうので事前チェックしておきましょう。

出資金を振り込む際は匿名組合でも任意組合でも振込手数料がかかるので注意です。

TSON FUNDINGのキャンペーン情報

2024年4月現在、開催されているキャンペーンはありませんでした。

過去には商品券をプレゼントするキャンペーンを開催していたので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

新しいキャンペーン情報が入り次第、また更新していきます。

TSON FUNDINGの登録から利用するまでの3つのステップを解説!

TSON FUNDINGの登録から利用するまでの手順を解説していきます。

  1. 会員登録をおこなう
  2. 出資者登録をおこなう
  3. 本人確認IDを入力する

なお、審査の終了からはがきの郵送までは1週間ほどかかる場合があります。

気になるファンドがあれば、早めに登録をおこないましょう。

STEP1.会員登録をおこなう

公式サイトにアクセスしてから「会員登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレスとパスワードを入力して「利用規約」と「個人情報の取り扱い」を確認しましょう。

同意できるのであればチェックを入れて「登録する」をクリックします。

先ほど入力したメールアドレスにTSON FUNDINGからメールが届くので、開封してください。

本文に記載されているURLをクリックすれば、会員登録が完了します。

STEP2.出資者登録をおこなう

氏名や住所などの登録をおこないます。

また運転免許証や健康保険証などを使って本人確認をおこなうので、事前に準備しておいてください。

本人確認ではスマートフォンを利用すると、即日~1営業日ほどで審査が完了します。

早く投資をしたい方はスマートフォンの利用がおすすめです。

PCなどで本人確認をする場合は、後日はがきを受け取る必要があります。

STEP3.本人確認IDを入力する

出資者登録後、運営会社による審査がおこなわれます。

審査に通過すると、登録した住所にはがきが送られてくるので受け取ってください。

TSON FUNDINGにログインしたのち、はがきに記載されている本人確認IDを入力すればファンドへ申し込みができるようになります。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

TSON FUNDINGは怪しい?よくある質問を4つ紹介

TSON FUNDINGでよくある質問を4つ紹介します。

  • TSON FUNDINGに投資をすれば儲かる?
  • ファンドの譲渡はできる?
  • 出資金の元本保証はされている?
  • 確定申告は必要?

一つずつ解説していきます。

TSON FUNDINGに投資をすれば儲かる?

TSON FUNDINGに投資をすれば儲かる?

TSON FUNDINGは投資なので、確実に儲かるとはいえません。

しかし、サービスを開始してから元本割れは一度も起きておらず、安心して利用できるサービスといえます。

もし心配なのであれば出資金を少額にとどめておくか、ほかの不動産クラウドファンディングと併用するとリスクの分散ができますよ。

ファンドの譲渡はできる?

ファンドの譲渡はできる?

匿名組合・任意組合とも、手続きや費用はかかるものの譲渡は可能です。

投資しているファンドの種類や譲渡先の有無によって条件が異なります。

詳しくはこちらを参考にしてください。

ファンドの種類 条件 手数料
匿名組合型 出資額の3%と消費税の手数料
任意組合型 譲渡先が見つかっている

名義変更手続3万円

手数料

任意組合型 譲渡先が見つかっていない

出資額の3%と消費税の手数料

名義変更手続3万円

手数料

出資金の元本保証はされている?

出資金の元本保証はされている?

元本保証はされていません。

また分配金の利回りも同様です。

運用状況や事業者の業績不振などによっては、元本や利回りが減少するおそれがあるので注意してください。

しかし、TSON FUNDINGでは優先劣後システムの導入や空室保証などにより、投資家が損をしにくいリスク対策を講じています。

また、これまでに元本割れは起こしていないため、過度に心配する必要はありません。

確定申告は必要?

確定申告は必要?

匿名組合型と任意組合型で確定申告をおこなう基準が異なります。

匿名組合型の場合、受け取った分配金は雑所得です。

給与所得と退職所得以外の所得の合計額が年間で20万円以下あれば、確定申告は必要ありません。

任意組合型の場合、譲渡に関する金額は譲渡所得、それ以外は不動産所得に分類されます。

どちらも確定申告が必要です。

不明な点があれば、所轄の税務署や税理士に相談してください。

なお、確定申告に必要な「支払調書」はマイページからダウンロードできます。

翌年の2月頃までに交付される予定なので、確認してください。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

TSON FUNDINGの運営会社を紹介

TSON FUNDINGの運営会社は「株式会社TSON」です。

資産活用のコンサルティングや賃貸住宅の設計、施工管理などをおこなっています。

株式会社TSONの会社概要

株式会社TSONの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社TSON

(カブシキガイシャ ティーソン)

本社所在地 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目228号 大東海ビル2
設立日 平成20820
代表者 代表取締役社長 金子 勇樹
資本金 1億円
取得している免許

宅地建物取引業免許:国土交通大臣(1)第10513号

建設業許可:国土交通大臣免許(特-5)第28922号

不動産特定共同事業許可:愛知県知事第6

まとめ

今回紹介したTSON FUNDINGについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 匿名組合型と任意組合型の2種類のファンド形式がある
  • 空室保証により空室リスク対策を講じている
  • 不動産AIによる独自のマーケティングをおこなっており、収益性の高い不動産に投資ができる
  • 条件付きではあるものの、ファンドの運用途中でも解約ができる
  • 最低投資額が10万円と、ほかの不動産クラウドファンディングと比べると少し高め

投資方針に合わせて柔軟にファンドを選びたい方は、TSON FUNDINGの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

TSON FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額700億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年7月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【監修】森敬太のアバター 【監修】森敬太 代表取締役

株式会社Lifeplay代表取締役。宅地建物取引士。前職で複数の不動産メディアの責任者を務めたのちに独立。現在は不動産クラウドファンディングのポータルサイト「Fund Bridge」を運営。法人として「一般社団法人不動産クラウドファンディング協会」にも加盟。自身でも300万円超、10社以上の不動産クラウドファンディングに投資し、中立的な情報発信を心がけている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次