PR

利回り不動産の評判・口コミは怪しい?メリット・デメリットから過去の実績まで徹底解説!

「利回り不動産が気になるけど、ちゃんと知ってから利用したい」

「利回り不動産ってどんな特徴があるの?」

利回り不動産に対してそんなことを思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では利回り不動産の口コミやメリット・デメリットも紹介していくので利用を悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

また、利回り不動産では新規会員登録でワイズコイン1,000円分もらえるキャンペーンと期間内の投資で最大28万ワイズコインをもらえるキャンペーンを実施中です!

ワイズコインはAmazonギフト券に換えられたり、投資に使えたりする便利なコインサービスです。

キャンペーン概要は以下の通りです。

キャンペーン内容 新規会員登録で1,000ワイズコイン 会員本登録後、キャンペーン期間中に10万円以上の投資で投資額に応じて最大28万ワイズコイン
条件 新規本会員登録をする 登録後、キャンペーン期間内に10万円以上投資する
期間 2024年5月1日~2024年7月31日

そして、7月10日からは、利回り8%のファンドも募集されます!

先着式の募集ですが、募集金額が大きいため比較的投資しやすいでしょう。

投資額に応じてワイズコインがもらえるキャンペーンも実施しているこの機会に投資を検討してみてはいかがでしょうか。

利回り不動産の公式サイトはこちら→

目次

利回り不動産の評判・口コミは悪い?投資した人のリアルな声を紹介!

ここではX(旧Twitter)から実際に利用している人の声を紹介していきます。

利回り不動産の良い評判・口コミを紹介

まずは良い口コミです。

ワイズコインが投資に使える点や、アマギフに変えられる点がいいと言っている方が多いようです。

利回り不動産の悪い評判・口コミを紹介

次に悪い口コミも見ていきましょう。

申し込む時に繋がりにくくなってしまうという意見や、募集の始まる時間が会社員には厳しいという意見もありました。

利回り不動産の公式サイトはこちら→

利回り不動産の5つの特徴・メリット

利回り不動産のメリットは以下の5つが挙げられます。

  • 高い利回り
  • 優先劣後出資を採用している
  • マスターリース契約をしている
  • 1万円から投資可能
  • ワイズコインが使える

順番に解説していきます。

高い利回り

利回り不動産の平均利回りは2024年7月現在、7.14%です。

不動産クラウドファンディングでの平均利回りは45%ほどですので、かなり高いことがわかります。

最初のファンドだけ利回りを高くして、だんだん下がってしまうサービスもありますが、利回り不動産ではサービス開始から現在まで高利回りを維持しています。 

優先劣後出資を採用している

利回り不動産では優先劣後出資を採用しています。

優先劣後出資とは、出資を優先出資と劣後出資に分け、利益を優先出資者である投資家が優先的にもらえるシステムです。

劣後出資の運営会社は優先出資者に利益分配をおこなった後に利益がもらえます。

そのため、不動産の利益がマイナスになっても劣後出資分しかマイナスにならなければ、投資家は損をしません。

優先劣後出資を採用していると投資家が損をする可能性を抑えることになるので安全性が高くなります。

利回り不動産では劣後出資割合10%程度の平均的なファンドから60%を超える高い劣後出資の場合もあります。

各ファンドの「ファンド情報」から見れるので気になる方は投資の前にチェックしてみてくださいね。

マスターリース契約をしている

マスターリース契約とは満室保証とも呼ばれるもので、空室ができてもいくらか保証がされます。

そのため、たとえ全室空室になっても利益が0になることはありません。

空室リスクが抑えられているので安全性が高まります。

1万円から投資可能

利回り不動産の最低投資額は11万円です。

他のサービスでは最低投資額10万円以上のものも多いので少額からお手軽に始められる投資と言えます。

本来不動産投資は何千万円もかかるものですし、特に利回り不動産の扱う物件は募集金額1億円を超える大型のものが多いです。

1億円を超えるような不動産に1万円から投資できるのは非常にありがたいですね。

ワイズコインが使える

利回り不動産では「ワイズコイン」というコインサービスが使えます。

ワイズコインは出資をすると付与され、1コイン1円分として次回以降の投資に使うことができます。

またAmazonギフト券などにも変えることができるお得なコインサービスです。

2024年7月現在、キャンペーンをおこなっており、新規会員登録で1,000円分、その後キャンペーン期間内に10万円以上の出資で出資額に応じて最大28万円分のワイズコインがもらえます。

気になる方は公式サイトや本記事の後ろの方にもキャンペーン情報を載せていますので確認してみてください。

利回り不動産の2つの注意点・デメリット

次に利回り不動産の2つのデメリットについて解説していきます。

  • 投資したいファンドに投資できない可能性がある
  • 途中解約はできない

順番に見ていきましょう。

投資したいファンドに投資できない可能性がある

利回り不動産では先着式・抽選式の2つの募集形式をとっています。

ですが、人気の案件は先着順だとすぐに売り切れてしまい、抽選は倍率が高く、思うように投資ができなかった人もいるようです。

人気なことは安心要素の一つになりますが、利回り不動産だけで投資をするのではなく、他のサービスとの併用も検討してみてください。

途中解約ができない

利回り不動産では原則、途中解約が認められていません。

やむを得ない事由がある場合のみしか解約が認められていませんので、余裕のある資金で投資をするようにしましょう。

しかし、クーリングオフの対象ですので契約成立時書面が送付された日を1日目として8日間が経過するまでの間なら書面により利回り不動産へ通知をすることで契約の解除が認められています。

利回り不動産の公式サイトはこちら→

利回り不動産の実績は良い?詐欺や元本割れについて紹介!

利回り不動産は2024年7月現在、57件のファンドが公開されており、そのうち42件のファンドが運用終了しています。

今の所、償還遅れや元本割れはなく、順調にファンド運用をしています。

詐欺ではないと断言できますね。

ファンドの募集頻度も高いのでこれからさらに実績を重ねていくでしょう。

利回り不動産は「高利回り案件にお得に投資したい人」におすすめのクラウドファンディング

利回り不動産は利回り平均6%超えの物件にワイズコインを使って投資をすることができます。

投資をすると付与されるワイズコインは、次回以降の投資にも使え、ワイズコインを使ったことによる利回りへの影響はありません。

また投資初心者の方は、出資金はできるだけ抑えて投資を始めたいですよね。

まずは出資金を少なくしたいという人にもおすすめできるサービスです。

利回り不動産の公式サイトはこちら→

利回り不動産の登録から利用するまでの4つのステップを解説!

以下の手順で登録から利用が可能です。

  • 会員仮登録
  • 本人確認
  • 会員本登録
  • ファンド申込み

会員仮登録

WEBサイトの新規会員登録をクリックします。

フォームにメールアドレスやパスワードを入力して「会員仮登録を完了する」をクリックします。

入力したメールアドレス宛に会員仮登録のお知らせが届けば会員仮登録完了です。

本人確認

会員仮登録完了のお知らせに記載されているリンクをクリックします。

スマホで本人確認をするか、その他で本人確認をするか選び、ステップに従い本人確認を進めます。

※早く簡単に本人確認をするなら「スマホで本人確認」で登録を進めるのがおすすめです。

会員本登録

次に連絡先や投資目的などの質問に答え、説明書や同意書をよく読んでチェックを入れます。

その後キャッシュカードの写真などを送り、本登録申請完了です。

後日審査が完了したらメールが届きます。

通常35営業日程度で完了するようですが、それ以上かかる場合もありますので、出資したいファンドがあればできるだけ早めに登録申請することをおすすめします。

ファンド申込み

会員本登録が完了したらファンドの申込みができるようになります。

WEBサイトからログインして、ファンド一覧から募集中の案件に申込みします。

先着順や抽選など案件により異なりますので、ファンド詳細をよく読んで申込みをするようにしましょう。

利回り不動産のキャンペーン情報

2024年7月現在、利回り不動産ではキャンペーンをおこなっています。

キャンペーンの内容は以下の通りです。

キャンペーン内容

①新規会員登録した方にワイズコイン1,000円分プレゼント

②登録後、キャンペーン期間中に10万円以上の出資で出資額に応じて最大ワイズコイン28万円分プレゼント

期間

2024年5月1日~2024年7月31日

対象者

①新規会員登録した方

②登録後、キャンペーン期間中に10万円以上投資した方

配布方法

アカウントに付与

注意点

人気ファンドは募集開始後すぐに完売する可能性がある

会員登録で1,000円分のワイズコインをもらえたら投資も始めやすいですね。

7月31日までですが、提出書類や登録内容に不備があった場合、時間がかかることもありますので注意してください。

利回り不動産の公式サイトはこちら→

利回り不動産は怪しい?よくある質問を3つ紹介

次に利回り不動産でよくある質問に答えていきます。

  • 利回り不動産に税金はかかる?
  • 確定申告は必要?
  • 出金手数料はかかる?

利回り不動産に税金はかかる?

利回り不動産で得る分配金は「雑所得」として分類され、税金がかかります。

分配金の20.42%の源泉税額が徴収された上で口座に入金されます。

確定申告は必要?

確定申告は必要な場合と不要な場合があります。

利回り不動産で得る分配金は「雑所得」として扱われ、雑所得の年間合計が20万円を超えると確定申告が必要で、20万円以下なら原則確定申告は不要です。

人により申告条件が変わる場合があるので、詳しくは税務署・税理士にお聞きください。

出金手数料はかかる?

入金や出金時の振り込み手数料は投資家負担で、1回145円かかります。

しかし、GMOあおぞらネット銀行を使えば手数料は0円になります。

他のサービスでもGMOあおぞらネット銀行を使うと手数料がかからない場合があるので、口座開設をしておくといいでしょう。

利回り不動産の運営会社を紹介

利回り不動産の運営会社は株式会社ワイズホールディングスです。

設立から10年目の会社で、不動産開発事業や仲介・賃貸事業もおこなっている、不動産を広く扱ってきた企業です。

株式会社ワイズホールディングスの会社概要

株式会社ワイズホールディングスの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社ワイズホールディングス

本社所在地

105-0001

東京都港区虎ノ門4丁目31
城山トラストタワー33

設立日

平成268

代表者

和泉 隆弘 / 萩 公男

資本金

1億円

取得している免許

宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9652

不動産特定共同事業 東京都知事 第143

まとめ

今回紹介した利回り不動産について、重要なポイントを3つにまとめました。 

  • 他の不動産クラウドファンディングサービスよりも利回りが高い
  • 優先劣後出資やマスターリース契約など投資家の資産を守る仕組みがある
  • ワイズコインという独自のコインサービスがあり、お得に投資ができる

利回り不動産に興味を持たれた方は、登録を検討してみてはいかがでしょうか。 

また、利回り不動産では新規会員登録でワイズコイン1,000円分もらえるキャンペーンと期間内の投資で最大28万ワイズコインをもらえるキャンペーンを実施中です!

ワイズコインはAmazonギフト券に換えられたり、投資に使えたりする便利なコインサービスです。

キャンペーン概要は以下の通りです。

キャンペーン内容 新規会員登録で1,000ワイズコイン 会員本登録後、キャンペーン期間中に10万円以上の投資で投資額に応じて最大28万ワイズコイン
条件 新規本会員登録をする 登録後、キャンペーン期間内に10万円以上投資する
期間 2024年5月1日~2024年7月31日

そして、7月10日からは、利回り8%のファンドも募集されます!

先着式の募集ですが、募集金額が大きいため比較的投資しやすいでしょう。

投資額に応じてワイズコインがもらえるキャンペーンも実施しているこの機会に投資を検討してみてはいかがでしょうか。

利回り不動産の公式サイトはこちら→

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【監修】森敬太のアバター 【監修】森敬太 代表取締役

株式会社Lifeplay代表取締役。宅地建物取引士。前職で複数の不動産メディアの責任者を務めたのちに独立。現在は不動産クラウドファンディングのポータルサイト「Fund Bridge」を運営。法人として「一般社団法人不動産クラウドファンディング協会」にも加盟。自身でも300万円超、10社以上の不動産クラウドファンディングに投資し、中立的な情報発信を心がけている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次