初めてでも大丈夫

犬も人もハッピー♪
ストレスフリーな
飼い方マニュアル。

ずっと憧れていたワンちゃんとの暮らし。
でも初めて飼う時にはいろいろ心配ですよね。
最初に何を準備すればいいの?
しつけってどうすればいいの?
ご心配なく!初めてでも大丈夫!
ワンちゃんにも飼い主様にも嬉しい
ストレスの少ない飼育方法をご紹介します。

認定動物看護師/ドッグトレーナー
川角 希美
認定動物看護師、ドッグトレーナーとして、名古屋市内の動物病院に勤務。パートナーのライト(3才・シェットランドシープドッグ)と一緒に、ストレスのない飼育指導やしつけ教室などを行っています。

お迎え編

犬種選びと入手先選びは慎重に。
できればブリーダーに直接相談を。

近所のペットショップで一目惚れしたワンちゃんを購入。それも一つの方法ではありますが、大事な家族になる相手ですから、できれば慎重に選びたいですね。犬種によって性格や飼いやすさが違うので、それぞれの特徴を調べて、自分に合った犬種を選ぶようにしましょう。直接ブリーダーに相談すれば、子犬の生まれた場所を見て、詳しい話を聞くことができ、安心です。

入手先は大きく3通り
ペットショップ
店の数が多く、人気の犬種を手軽に探せます。子犬の素性や健康状態がわかりにくいので、購入前にできるだけ詳しく話を聞きましょう。
ブリーダー
探して訪問するのが少し手間ですが、子犬の生まれた環境や、親・兄弟などの詳しい情報を知ることができ、状態の良い子犬を入手できます。
保護団体
保護犬の引き取りは犬の命を救うことになり、費用的にもメリットがあります。ただし里親の条件など、初めて飼う方にはハードルが高いかも。
  • ペットショップやブリーダーの中には悪質な業者もいるので要注意!ネット通販は避け、直接ワンちゃんに会って、詳しい話を聞いてから決めるようにしましょう。
  • 2頭以上飼う場合は、1頭目のしつけを終えてから次の子を迎えて。2頭同時に飼い始めるとしつけがうまくいきません。
お部屋をすっきりワンちゃん仕様に。
サークルやケージは不要です。

ワンちゃんといい関係を築きたいなら、室内での放し飼いがおすすめ。部屋はすっきりと、低い場所に置いた物は撤去して、触られたくない場所はフェンスやネットで保護しましょう。生活用品は、クレート、トイレトレー、ボウルの3つを揃えればOK。閉じ込めるためのサークルやケージは必要ありません。

  • クレート:寝床としてもキャリーバッグとしても使える便利なアイテムです。
  • トイレトレー:トイレトレーニングをするために必要なアイテムです。
  • ボウル:エサや水を与える時に使います。※ウォーターボトルは飲みづらくストレスの原因に。水は必ずボウルに入れてあげましょう。
家具は最小限に。低いラックなどの保護にはワイヤーネットが便利です。
クレートは、車でのお出かけや災害避難時の必需品。クレートでエサやりをして、普段からクレートに慣れさせておきましょう。最初は入口付近にエサを置き、慣れてきたらだんだん奥へ。最終的には扉も閉めて、クレートにいられる時間を少しずつ長くしましょう。

しつけ編

トイレトレーニングは最初が肝心。
ほめる。叱らない。閉じ込めない。

トイレトレーニングは、場所とタイミング、そしてごほうびが重要です。飼い主がしっかりサポートすれば、1〜3週間ほどで覚えてくれます。サークルに閉じ込めて覚えさせる方法は、ワンちゃんのストレスになるのでおすすめしません。

  • ①トイレトレーはクレートから離れた場所に
    犬は本来、トイレの近くでエサを食べることはしません。トイレトレーは、エサをやる場所から離れた位置に置くようにしましょう。
  • ②タイミングを見て誘導する
    最初のうちは自分でトイレに行くことができません。以下のタイミングで飼い主がトレーまで誘導して習慣付けましょう。
    • 目を覚ました後
    • エサを食べた後
    • 水を飲んだ後
    • 部屋を移動する時
    • 遊んでいる途中
    • 遊び終わった後
  • ③うまくできたらごほうびを
    毎回、うまくできたら「そうそう」「よくできたね」「おりこう」と優しい声で褒めて、おやつをあげます。トレーですると褒められる、ということがわかれば、ちゃんとトレーでするようになります。
  • ④叱るのはNG
    そそうをした時に叱っても、子犬には理解できません。逆に褒められた、相手をしてもらえたと勘違いし、わざとそそうをすることも。一切反応せずに、そのまま放置して、掃除は後でこっそりと。
スキンシップは大事なトレーニング。
触られても平気な子に育てましょう。

犬は本来、体を触られるのが苦手。病院の診察やトリミングの際に暴れることがないように、子犬のうちに人から触られることに慣らしておくことが大切です。スキンシップを習慣づけることで、飼い主との信頼関係が深まり、健康状態の変化にもいち早く気付くことができます。あまり触りすぎると、かえって嫌がるようになります。嫌がるワンちゃんを追いかけたり、やたらと抱いたり触ったりしないように気をつけましょう。

  • ホールドスチールワンちゃんを膝にのせて、後ろから抱きしめます。暴れても離さないこと。飼い主が深呼吸をして、リラックスすることが大切です。
  • マズルコントロールホールドスチールの状態で、マズル(鼻から口元までの部分)を手のひらで包み、嫌がらなければ歯や歯茎を触ります。はみがきに必要なトレーニングです。
  • タッチングホールドスチールの状態で、体のいろいろな部分を触って、どこを触っても嫌がらないようにしつけます。爪切りやトリミング、病院の診察の際に役立ちます。
甘噛み、無駄吠え、いたずら。
どうすれば防止できる?

癖になってしまうとなかなか直らないのが、甘噛み、無駄吠え、いたずら。これらは子犬のうちに対処しておくことが重要です。ただ叱っても効果はありませんので、やめさせるためのポイントをしっかり押さえて、正しい方法でしつけましょう。

  • 甘噛み噛まれたら、普段とは違う低いだみ声で「あ"!」と声を出して驚かし、無視してその場を立ち去ります。噛むと飼い主がいなくなってしまうことを理解すると、噛まなくなります。高い声を出したり、叱りつけたりするのは、相手にしてもらえたと思わせるので逆効果です。
  • 無駄吠え(要求吠え)遊んでほしい時、エサが欲しい時などに吠える要求吠えには一切反応せず、徹底的に無視すること。反応してしまったり、要求に応えてしまうと、味をしめて、事あるごとに吠えるようになってしまいます。
  • いたずらワンちゃんは好奇心が旺盛。いたずらをさせないためには、そのための環境づくりが必要です。低い位置に物を置かない。行かせたくない場所にはフェンスを、触らせたくない場所には保護ネットを設置。留守番させる時には、暇を持て余すことがないように、「仕事」を与えてあげるのも効果的です。
    ドライフードを詰められるデンタルコングなどのおもちゃは、時間をかけて遊びながらおやつを食べることができ、いたずら防止に役立ちます。

しつけの基本はほめること。上手にできたらその都度、声をかけて、おやつをあげることで、自分がどうすればいいかを覚えてくれます。叱らずにほめるしつけで、お互いにストレスのない生活を目指しましょう!

パピーパーティーで
社会性を身に着けよう!

生まれてすぐに親から離され、個室で育った子犬は、他の犬とのふれあいを知らないため、問題行動を起こすことがあります。パピーパーティーは、そんなワンちゃんたちに、他の犬や人とふれあう機会を与えて、社会性を学ばせるイベントです。各地で開催されていますので、しつけの一環としてぜひ参加してみてください。

おいで~おすわり編

ブルーボックスが年4回発行している生活情報誌「ぶぶる」2020秋号では、 ワンちゃんにも飼い主にも嬉しいストレスの少ない飼育方法をご紹介しています。 今回は特別にその続編をWeb公開。おいで〜おすわりのしつけ方をご紹介します。

必ず教えておきたい「おいで〜おすわり」。

おいで〜おすわりができると、散歩の際にうっかりリードを離してしまった時などに、すぐに呼び寄せることができ安心です。「おいで」を教えるには、ごはんやおやつのあげ方が重要です。目の前まで持っていかずに、必ず呼び寄せて与えるようにしましょう。

しつけ方の例
  • 1. おやつを手に持って立ち、「おいで」と呼びます。
  • 2. おやつを自分の顔の辺りに動かし、犬が自分の顔を見るようにします(アイコンタクト)。
    ※自分から犬の顔を覗き込まないこと。犬の方からこちらを見るような状況を作ります。
  • 3. ワンちゃんが飼い主を見上げると、自然におすわりの姿勢になります。
  • 4. その状態になったら、首輪・胴輪の辺りを触りながらおやつをあげます。
    ※声かけとタッチは必要最小限に。むやみに名前を呼んだり、可愛いからと触りすぎると、うるさがって呼んでも来なくなったり、自分が触って欲しいときだけしか来なくなります。
  • 5. 慣れてきたら、おすわりの後に、おやつを低い位置に下げることで、「伏せ」もできるようになります。。

常にこの動作を繰り返すことで、呼ばれた時はいいことがある、と覚えます。「おいで」と呼んだ後は、犬が嫌がること(耳掃除、点眼、爪切りなど)は絶対にしないことが重要です。

BBのペット対応物件

ブルーボックスのペット対応物件は、通常物件とは違う仕様になっています。内見の時にぜひチェックしてみてください。

  • コンセントの位置が高いので、プラグをかじるなどのいたずらができません。
  • 壁紙が上下に分かれているので、汚れたり破れたりした時は、下だけ貼り替えればOK。
  • 散歩の後、家に入る前にワンちゃんの足などを洗えます。
  • ワンちゃんを待たせる間、リードを掛けておくことができます。

ドッグトレーナー川角さんの
ストレスのない飼育&しつけ教室
パピーパーティーを開催中!

開催日時
毎週土曜日 13:30〜14:30

お問い合わせ・ご相談は…
052-916-7433
エム動物クリニックまで

第一種動物取扱業(登録番号:第0702031号)
〒461-0022 愛知県名古屋市東区東大曽根町43-6 エム動物クリニック

飼い方マニュアルの続編は
近日公開予定!

ブラッシング&シャンプー編