玄関、キッチン、クローゼットなど、場所によってそれぞれの悩みがあるものです。
そこで、お悩み別の収納術について、整理・収納に詳しいプロに聞いてみました!

「部屋が散らかりにくい収納を知りたい」

収納でお困りの方にお話を伺うと、多くの場合、必要な手順を飛ばして収納していることがほとんどです。まずはそれぞれの部屋のイメージをして、物が出しっぱなしにならない片付いた寝室、一目で服選びができるクローゼットなど、部屋の使い方や収納イメージをつけてから物を整理、整頓していくと、その人にあった収納になり、物が散らかりにくくなります。

  • 「いるもの」をえらぶ。まずは収納するものをすべて床に広げて、「いるもの」「いらないもの」「移動するもの」「迷うもの」に分類しましょう。直感的に振り分け、8秒迷ったら「迷い箱」に入れて半年後に見直します。すべてを並べると、忘れていた物、重複している物が見つかり整理しやすくなります。
  • 「なかま」をつくる。「いるもの」が決まったら、次にいくつかの「なかま」に分類・整頓します。分類の基準は使い方です。例えば衣類の場合、まず夏物と冬物に分けて、そこから普段着とお出かけ着に、さらにトップスやボトムスなどカテゴリ別に分けます。水着など普段着ないものは別に保管するといいでしょう。
  • 「おうち」をつくる。整頓ができたら、いよいよ収納です。収納で大事なのは、分類ごとに出し入れしやすい「おうち」を用意すること。収納スペースをそのまま使うのではなく、寸法を測って衣装ケースやファイルボックスなどを追加して、分類収納できる環境を整えましょう。

お部屋の掃除や引っ越しのときは、物を整理するチャンス。
まずはお部屋ごと、スペースごとに進めてみましょう。
お部屋が片付くと、物を探すタイムロスもストレスも減り、
おうちがもっと心地よくなるはずです。

情報誌 “ぶぶる” 特集 バックナンバー