ブルーボックスはペットOKの賃貸住宅もたくさん。
そこで、まだ飼ってはいないけどペットが気になっている人や、
すでに飼っている人にとっても気になるペットのあれこれを
動物病院の先生にきいてみました!

飼い始める前に

飼う前に考えておきたいこと

 犬や猫を飼い始めたら、15~20年つきあうことになります。子供が飼いたいと言ったから、一目ぼれしたからと気軽に飼い始めるのはおすすめしません。毎日の食事やトイレ掃除など誰がやるのか、きちんとお世話ができるのか、ご家族で話し合って決めてください。
 ペットを飼うには、賃貸の場合はペット可物件かどうかはもちろん、周囲の環境が適していることも大切です。犬の場合は近所に散歩しやすい道や公園などがあるか、近所に猫よけ対策をしている家がないかなど、改めて確認してみましょう。

動物を飼い始めるなら

 ペットとの出会いは、ペットショップやブリーダー、里親募集の子犬や子猫、保護された動物たちなどがあります。ある程度は事前に飼いたい品種など決めて探し、あとは実際に会ってみて「この子と暮らしたい」と感じた子を引き取るのが愛情も育ちやすく、一緒に暮らしやすいのではないでしょうか。
 ペットとして人気が根強く飼いやすいのは犬や猫です。ほかにも熱帯魚やさまざまな小動物、は虫類を飼う人もいます。賃貸でも飼いやすいのは、ウサギやモルモットなど鳴き声やにおいがあまり気にならない小動物でしょう。

飼う時にすること

不妊・去勢手術は病気の予防に

 犬や猫は妊娠・出産となると一度に数匹産むことになります。たいていの人は飼いきれずに里親を探すことになるので、不妊・去勢手術をおすすめします。まだ幼いうちに手術することで手術費用や身体への負担が少なく済み、マーキング習慣がなくなる、病気の予防にもなります。ペットのためにも手術を考えてあげましょう。

予防接種はお早めに

 犬の場合は体の大きさや生活習慣、犬種によって五種混合ワクチンや七種混合ワクチンなど、必要な予防接種が異なります。また、「狂犬病予防」は法律で接種が義務付けられているため、ワクチン接種と市町村への登録をしましょう。感染率は低くなりましたが、蚊が媒介する犬フィラリア症の予防もしておけると安心です。
 猫の場合は基本的に室内で過ごすため、犬よりも予防接種の数は少なめです。ただし、室内であっても犬と同様に「ノミやマダニ」対策は必要です。マダニから感染する「重症熱誠血小板減少症候群(SFTS)」に感染しないためにも予防しましょう。お住まいの地域によっては定期接種をした方がよい予防接種があることも。いずれにせよ、飼い始めたら早めに動物病院へ相談しましょう。

家の中に用意するもの

飼い始めたら気にしたいこと

犬 環境づくり

生活環境で重要なのは温度・湿度の管理!

 犬は暑さに弱いため、人が暑さを感じない春や秋も空調は欠かせません。また、湿度が高すぎても熱中症になること、乾燥しすぎも健康にはよくないため、温度・湿度計を見て管理してあげましょう。

滑りやすいフローリングは対策を

 犬は爪を地面に引っ掛けながら歩くため、ツルツルとしたフローリングなどの床では踏ん張ることができません。若いうちは大丈夫でも、後に足腰への影響が出てきてしまうため、マットを敷くなど対策をしてあげましょう。

小型犬でもおすすめしたい日々のお散歩

 小型犬の場合は室内でも運動量は十分ですが、時々はお散歩するのがおすすめです。普段から飼い主以外の人や他の犬・猫に会うことで社交性が身に付き、動物病院の受診時なども落ち着いて過ごせるようになるためです。また、大型犬の場合は暴れるとケガや事故につながる心配も。ペットを守るために、しつけや社交性を身につけることは必要です。

猫 環境づくり

猫に欠かせないのは飲み水と寒さ対策

 猫はもともとあまり水を飲もうとしないため、泌尿科の病気にかかる子が多くいます。好みもあるので、どんな器なら水を飲んでくれるのか研究してみてください。また、冬の寒さに弱いので、ホットカーペットなど体を温めるものを用意してあげましょう。

コミュニケーションや行動チェックで異変を確認

 体を触ることでちょっとした異変にすぐ気づくことが出来るため、普段から体に触れても平気なよう練習しておきましょう。おやつの時や、飼い主の近くによってくるなど、ご機嫌な時はコミュニケーションをとるチャンスです。
 ただし、猫は抱っこや体に触れられることを嫌がる子もいます。日頃の様子を把握しておくと、行動の変化で異変に気付けるので安心です。

大切なペットの健康のために必要な、日々のケアをまとめてみました!

もしも病院にかかるなら

動物病院の選び方

 動物病院により診療方針や専門が異なるため、最初にかかりつけ医を探すときは何か所か行ってみることをおすすめします。獣医師を話をしてみて、一番話しやすい、付き合いやすいと感じたところを見つけてください。探していくときは、何か気になることがあったときにすぐ行けるよう、自宅から近い動物病院を選びましょう。また、かかりつけ医とは別で、夜間・休日診療の対応や高度医療を行う二次診療の病院なども調べておくと安心です。かかりつけ医が獣医師会に入っていると動物病院のネットワークがあるので、選ぶときの基準のひとつになるかもしれません。

動物病院へ行く時に

 初めて受診するときは特に、ペットが環境に慣れずに興奮してしまうかもしれません。リードやキャリーバッグを使い、お気に入りのタオルやおもちゃなども持参しましょう。また、急なトイレにも困らないようペットシーツやビニール袋なども持っておくのがおすすめです。
 動物病院に来ているのは、体調がすぐれない子たちです。風邪をうつしたり、期限が悪くてトラブルがおきたりしないよう、知っている子がいても、あいさつ程度にしておきましょう。

動物病院の診療は犬・猫のみがほとんど

 獣医師法では診療を行う必要がある飼育動物が決められており、その他の動物に関しては専門外です。基本的には犬・猫しか診療しない動物病院が多く、たとえばウサギを飼っているから診療できるなど、獣医師によって診療可能な生き物が異なります。小動物を飼い始める時は、相談先も見つけておくといいでしょう。

大切なペットの健康のために必要な、日々のケアをまとめてみました!

病気の診断や投薬などは獣医師の専門ですが、
ペットのことが一番わかるのは、いつも一緒にいる飼い主です。
ちょっとした変化にもすぐ気が付けるように、その子が好きなもの、
行動のクセ、食事量や水分量など、毎日のようすをよくみてあげてください。

次回予告
  • 11月公開予定 品種別に気を付けたい病気
    〜犬編〜
  • 12月公開予定 品種別に気を付けたい病気
    〜猫編〜

※内容は予告なく変更する場合があります。

今回、取材にご協力いただいたのはこちらです!
  • 院長 前田直樹 カワウソ研究会所属
  • まえだ動物病院

    〒492-8208 愛知県稲沢市松下2丁目9-12

    TEL 0587-24-3380
    診療時間 【平日・土曜】 9時~12時、17時~20時
    【日曜日】 9時~12時
    定休日 木曜・祝日
    診療対象 犬・猫・ウサギ・カワウソ・その他小動物
    その他小動物はご相談ください
情報誌 “ぶぶる” 特集 バックナンバー