PR

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の評判・口コミは怪しい?メリット・デメリットから過去の実績まで徹底解説!

「ADVANCE FUNDINGはどのような不動産クラウドファンディング?」

「ADVANCE FUNDINGの特徴を詳しく知りたい。」

ADVANCE FUNDINGに投資を検討している方の中には、上記のような疑問や要望を抱えている方が少なくありません。

不動産クラウドファンディングサービスをさまざまな会社が提供していることもあり「本当に自身に合ったサービスなのか」見極める必要があるためです。

では、そもそもADVANCE FUNDINGとはどのような不動産クラウドファンディングサービスなのでしょうか?

ADVANCE FUNDINGは2022年7月にサービスを開始した、株式会社日成アドバンスが運営している不動産クラウドファンディングです。

魅力的なメリットがあるため話題を呼んでいるものの、サービスが開始したばかりであるため、ADVANCE FUNDINGに投資することに不安を感じている方も少なくありません。

そのため、この記事では、ADVANCE FUNDINGの特徴やリスクなどについて詳しく解説していきます。

ADVANCE FUNDINGへの投資を検討する際の参考にしてみてください。

ADVANCE FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

☆大人気の不動産クラファン「CREAL」が最大50,000円のアマギフプレゼント中!【ad】☆

東証グロース市場に上場している、1万円から投資できる不動産クラウドファンディング「CREAL」が大人気です。

そんなCREALですが2024年7月現在、当サイト限定で最大50,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

CREALの過去のキャンペーンの中でも最大規模のキャンペーンですし、会員登録をするだけでも1,000円のAmazonギフト件がもらえます。

キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、興味がある人はこの機会に無料の会員登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

CREALについて、もっと詳細を知りたい人は下記の解説記事も参考にしてみてください。

>>CREALの解説記事はこちら<<

目次

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

ここでは、ADVANCE FUNDINGの良い口コミと悪い口コミを紹介します。

口コミの内容を確認して、ADVANCE FUNDINGのファンドに投資する際の参考にしてください。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の良い評判・口コミ

ADVANCE FUNDINGの良い口コミを紹介します。


上記の口コミのように、抽選式のファンドが多いので当選したときの喜びの声が見られました。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の悪い評判・口コミ

ADVANCE FUNDINGの悪い口コミを紹介します。


上記の口コミのように、「分配金の計算が間違っていた」「2023年7月以降新規のファンドが募集されていない」という意見がありました。

ADVANCE FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の強み・メリット2選

ADVANCE FUNDINGの強み・メリットは、以下の2つです。

  • 関西の不動産に投資できる
  • 高い入居率
  • 優先劣後方式を採用している

上記のメリットの内容を把握して、ADVANCE FUNDINGに投資するのかを判断する際の材料にしてください。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の強み・メリット1.関西の不動産に投資できる

ADVANCE FUNDINGの運営会社である日成アドバンスは関西の都市部を中心にマンション開発を行なっています。

その物件に投資できるため、ADVANCE FUNDINGでは関西の物件にできます。

他の不動産クラウドファンディングでは主に関東圏の物件が多く、東京23区に絞った物件運用をしている会社も少なくありありません。

ADVANCE FUNDINGでは関西の物件に投資可能なので、分散投資が可能となります。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の強み・メリット2.高い入居率

ADVANCE FUNDINGで扱う物件の入居率は98%以上と非常に高いです。

不動産クラウドファンディングにおいて入居率が低いと賃料が入らず、最悪の場合元本割れを引き起こしてしまいます。

入居率が高いことはサービスを選ぶ上で大事なポイントの一つです。

運営会社の徹底した物件管理やマンションの利便性、デザイン性の良さでこの高い入居率を誇っています。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の強み・メリット3.優先劣後方式を採用している

ADVANCE FUNDINGでは優先劣後方式を採用しています。

優先劣後方式とは、ファンドへの投資を投資家だけでなく、運営会社も一緒に行います。

投資家を優先出資者、運営会社が劣後出資者となり、配当は優先出資者から優先的に行われ、もし対象不動産の収益が下落しても、劣後出資者の出資分までなら投資家は損をしないシステムです。

投資家の元本割れリスクを抑えるためにあるシステムです。

ADVANCE FUNDINGで今まで募集されたファンドは、劣後出資割合を20%〜30%に設定しており、一般的な水準よりも高くなっています。

ADVANCE FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

\最大5万円分のアマギフプレゼント/

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の注意点・デメリット2選

ADVANCE FUNDINGの注意点・デメリットは、以下の2つです。

  • 投資できないことがある
  • 出資口数上限が設定されている

上記について解説するので、内容をよく理解したうえで投資する際の参考にするようにしてください。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の注意点・デメリット1.投資できないことがある

ADVANCE FUNDINGのファンドの募集方式は「抽選式」がほとんどです。

したがって、申し込みをした方が必ず投資できるわけではありません。 その点、募集方式が「先着順」のファンドなら、他の投資家よりも早く申し込みを完了すれば投資が可能です。

ただし、先着順は申し込み開始時間に待機して申し込みを完了する必要があるため、手間がかかってしまうというデメリットがあります。

つまり、どちらの募集方式もデメリットがあるため、一概にどちらが良いというものではありません。

ADVANCE FUNDINGで今まで募集された中では応募率191%のものもあり、2人に1人しか投資できない時もありました。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の注意点・デメリット2.出資口数上限が設定されている

ADVANCE FUNDINGは、出資口数上限が「30口〜50口」に設定されています。

他の不動産クラウドファンディングでは上限が決まっていないものもあり、ADVANCE FUNDINGではかなり低く設定されていることがわかります。

したがって、ADVANCE FUNDINGは多額の資金を投資したい方には向いていないので、そういった方は他の不動産クラウドファンディングに投資するようにしてください。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の実績はいい?詐欺や元本割れについて紹介!

ADVANCE FUNDINGでは今まで8件のファンドが募集されました。(2024年5月時点)

8件全てで運用は終了しており、元本割れは起きていません。

まだ実績が少ないですが、少なくとも詐欺をしている会社ではないと言えます。

これからの実績に注目しましょう。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)は「分散投資をしたい人」におすすめ!

ADVANCE FUNDINGは、関西の不動産に投資できます。

不動産クラウドファンディングでは首都圏の物件が多いことから、首都圏の物件にしか投資していない方もいると思います。

ADVANCE FUNDINGは自然災害などのリスクを抑えるために関西の不動産に投資して、分散投資をしたい方におすすめです。

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)を登録から利用までの3ステップを解説!

以下の手順で登録から利用が可能です。

  • 会員登録
  • 出資者登録
  • プロジェクトへ投資

会員登録

会員登録ページでメールアドレスを入力して会員登録をします。

入力したメールアドレス宛にメールが届くのでURLをクリックします。

出資者登録

マイページから出資者登録をします。

本人確認には免許証などの身分証明書が必要となるので用意しておきましょう。

オンラインでの本人確認ならスマートフォンを使って即日〜1週間ほどで審査が完了します。

ハガキの場合は身分証明書をアップロードして、後日届いたハガキに記載されている「本人確認ID」をサイト上で入力することで完了します。

ハガキの郵送は1週間ほどかかる場合もあります。

プロジェクトへの投資

出資者登録が完了したら出資が可能になります。

プロジェクト一覧から投資したいファンドを選び、詳細を確認して投資をします。

ファンドにより、先着順か抽選か変わりますので、よく注意して見ましょう。

ADVANCE FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

ADVANCE FUNDING(アドバンスファンディング)の運営会社情報

ADVANCE FUNDINGの運営会社は株式会社日成アドバンスです。

主に大阪を中心に投資用不動産の開発や運営を行っている会社になります。

不動産投資に関するノウハウや実績は豊富であるため、不動産クラウドファンディングの運営会社としては非常に信頼性の高い会社です。

株式会社日成アドバンスの会社概要

株式会社日成アドバンスの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社日成アドバンス
設立日 2001年11月22日
資本金 9,000万円
代表者名 小土手 洋行
本社住所 大阪市中央区城見1丁目3番7号 松下IMPビル26階

まとめ

ADVANCE FUNDINGは大阪の不動産会社である株式会社日成アドバンスが運営している不動産クラウドファンディングです。

大阪の優良物件に投資できるといった特徴があります。

しかし、2022年7月に運用が始まったばかりであるため、実績が乏しく不安を感じて投資するのを躊躇っている方も多いです。

そのため、この記事では、ADVANCE FUNDINGの特徴やリスクなどについて解説してきました。

ADVANCE FUNDINGへの投資を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

ADVANCE FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額700億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年7月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【監修】森敬太のアバター 【監修】森敬太 代表取締役

株式会社Lifeplay代表取締役。宅地建物取引士。前職で複数の不動産メディアの責任者を務めたのちに独立。現在は不動産クラウドファンディングのポータルサイト「Fund Bridge」を運営。法人として「一般社団法人不動産クラウドファンディング協会」にも加盟。自身でも300万円超、10社以上の不動産クラウドファンディングに投資し、中立的な情報発信を心がけている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次