PR

仮想通貨がやめとけと言われる理由とは?不動産クラウドファンディングと比較してみた

世の中には様々な投資手法がありますが、近年インターネットを通じた情報技術の発展により生まれた投資手法の一つが仮想通貨です。

仮想通貨はその価値が大きく高騰したことにより脚光を浴びた時期もありましたが、その後リスクの高さも大きく知れ渡ることになり、今は以前ほどの勢いはないとも言えます。

ただし、それでも5年前と比べると現在の相場は全体的に上昇していることから、まだまだ大きく儲けることができる投資手法として着目されることもあります。

少ない資産で大きな利益を得ることができるため、仮想通貨に魅力を感じている方もいるかもしれません。

ただし、投資にはリスクは必ずつきものですし仮想通貨は特にその大きなリスクが大きな投資の一つとなっています。

そこで、仮想通貨のデメリットやリスクはどれくらい大きなものなのか、またメリットはどういったものがあるのかを不動産クラウドファンディング比較しながら見ていきましょう。

☆大人気の不動産クラファン「CREAL」が最大50,000円のアマギフプレゼント中!【ad】☆

東証グロース市場に上場している、1万円から投資できる不動産クラウドファンディング「CREAL」が大人気です。

そんなCREALですが2024年6月現在、当サイト限定で最大50,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

CREALの過去のキャンペーンの中でも最大規模のキャンペーンですし、会員登録をするだけでも1,000円のAmazonギフト件がもらえます。

また、CREALでは募集金額10億円超えの大型ファンドが募集中です!

対象不動産は住宅型有料老人ホームで、30年の一括借り上げ契約を結んでいるため、リスクを抑えた投資が可能です。

現在実施中のキャンペーンは、投資額に応じてAmazonギフト券がもらえるので、ファンドの募集があるこの機会に無料の投資家登録をしてみてはいかがでしょうか。

CREALについて、もっと詳細を知りたい人は下記の解説記事も参考にしてみてください。

>>CREALの解説記事はこちら<<

目次

仮想通貨がやめとけと言われる理由は?デメリット4選

仮想通貨のデメリットには、おもに以下のようなものが挙げられます。

  • ボラティリティが大きい
  • 日本国内で直接買い物ができる場所が少ない
  • 通貨として認められておらず信用性が低い
  • 税率が高い

これらのデメリットを理解することで、仮想通貨がやめとけと言われる理由が明確になります。

ここでは、仮想通貨のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

仮想通貨のデメリット1.ボラティリティが大きい

ボラティリティが大きいことは、仮想通貨のデメリットの1つです。ボラティリティとは値動きのことで、仮想通貨は非常に大きい傾向にあります。

過去にはわずか数日でその価値が半分以下になったこともありました。

2020年3月前後のコロナショックでも、例えばビットコインはその価値を大きく下げています。

株や為替も暴落するときは一気に値が落ちますが、仮想通貨はその幅が特に大きいのです。

そのため、短期間で多額の利益を得るチャンスがある一方で、大損するリスクがあるため注意が必要です。

1日に10%以上、価格が動くことも珍しくありません。

また仮想通貨市場は24時間稼働しており、睡眠中に価格が急落し、一夜にして資産を失うこともあります。

大損するリスクがあることから、特に初心者の方には仮想通貨はやめとけという声があります。

仮想通貨のデメリット2.日本国内で直接買い物ができる場所が少ない

日本国内に仮想通貨が使えるお店やサービスが少ないこともデメリットと言えます。

例えば、ビットコインはビックカメラやメガネスーパーなど、一部の店舗やメーカーで利用可能ですが、一般的なコンビニやスーパー、飲食店、テーマパークなどではほとんど使えません。

そのため、仮想通貨を保有しても使い道が限られ、不便を感じることがあります。

将来的には使えるお店やサービスが増える可能性はありますが、現時点ではまだ少ないため、仮想通貨はやめとけという意見もあります。

仮想通貨のデメリット3.通貨として認められておらず信用性が低い

仮想通貨は、米ドルや円などの国家や中央銀行が発行した法定通貨ではありません。

現在、仮想通貨(ビットコイン)を法定通貨に採用している国は中米のエルサルバドルだけです。

エルサルバドルでは、2021年からビットコインと米ドルが共存するかたちとなっています。

参考:“ビットコインの国”エルサルバドルは今|おはBiz|おはよう日本|NHK

仮想通貨は、ほぼ全世界で法定通貨として認められておらず、裏付けとなる資産も存在しません。

社会的な信用性は依然として低いと言えます。そのため、一部では仮想通貨への慎重な姿勢が示され、やめとけとの意見があります。

仮想通貨のデメリット4.税率が高い

仮想通貨で得た利益は、雑所得として扱われ、総合課税の対象となります。

総合課税では、給与所得など他の収入と合算して年間の所得額を算出し、その金額に応じて税金が課される仕組みです。

税率は、所得税率が最高で45%、住民税率が10%で、最大55%の税金がかかります。

株式投資や投資信託の利益には20.315%の税率が適用されますが、仮想通貨の場合は最大でその2倍以上の税率が課されることになるため注意が必要です。

また仮想通貨を他の仮想通貨に交換した場合でも利益確定とみなされ、その時点で課税対象になります。

そのため交換しただけのつもりが、思わぬ税金が発生することもあるのです。

税率が高かったり、リスクも有ることから、一部で仮想通貨はやめとけと言われることがあります。

仮想通貨の特徴・メリット2選

仮想通貨のメリットは、主に

  • 少ない資金で大きな利益を狙うことができる
  • 金融機関を使わずに送金できる

これらのメリットを理解することで、仮想通貨取引が自分に適しているかどうかを判断しやすくなります。

ここでは、仮想通貨のメリットについて詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の特徴・メリット1.少ない資金で大きな利益を狙うことができる

仮想通貨取引は、ボラティリティが大きい傾向があるため、少ない資金で大きな利益を狙えることがメリットです。時には1日で10%以上、価格が変動することもあるため、短期間での収益を期待できます。

取引所や販売所にもよりますが、100円程度の資金でも取引が可能です。また、仮想通貨は最大2倍(日本の事業者)までレバレッジを掛けることも可能なため、効率的な資金運用ができます。

少額資金で大きなリターンを狙えることは、ボラティリティの大きい仮想通貨のメリットです。

ただし、ビットコインなどの価値も昔より上がっているため、僅かな金額で購入できた時代のように、短期間で何百倍もの利益を得ることはほぼできなくなっています。

その点には注意するようにしましょう。

仮想通貨の特徴・メリット2.金融機関を使わずに送金できる

金融機関を経由せずに送金できることは、仮想通貨のメリットです。

相手(送金先)のアドレスがわかれば、ビットコインやイーサリアムなどを手軽に送金できます。

国内外の相手にスピーディーな送金が可能であり、一部の取引所では送金手数料が無料になることもあります。

海外への送金がローコストかつ即時にできるのは仮想通貨ならではのメリットだと言えます。

\最大5万円分のアマギフプレゼント/

仮想通貨がおすすめな人

仮想通貨がおすすめな人は、以下のとおりです。

  • 投資経験がある人
  • ハイリスク・ハイリターンの投資を望む人
  • 仮想通貨について学ぶ意欲がある人
  • 自分でリスク管理ができる人

仮想通貨取引はボラティリティが大きく、ハイリスク・ハイリターンなので、投資経験がある人に適しています。

また、市場の動向を把握するには、十分な知識が必要ですので、仮想通貨について学ぶ意欲がある人にも向いているでしょう。

さらに、投資は自己責任であり損失のリスクもあるため、自分でリスク管理ができる人でないと仮想通貨取引はおすすめできません。

仮想通貨がおすすめではない人

仮想通貨がおすすめではない人は、以下のとおりです。

  • ハイリスク・ハイリターンの投資を好まない人
  • 極力リスクを抑えたい人
  • 安定性を重視して資産運用をしたい人
  • 仮想通貨に興味がない人

仮想通貨取引はハイリスク・ハイリターンなので、極力リスクを抑えたい人には向いていません。

安定性を重視して資産運用をしたい人は、投資信託や債券など、他の投資を検討したほうがよいでしょう。

また、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨自体にそれほど興味がない人にもおすすめできません。

興味がないと学ぶ意欲が湧かず、知識が不足した状態での取引となり、運任せになる可能性が高いからです。

投資初心者の方がいきなり仮想通貨投資を始めると、大きな損失が発生する可能性があります。

他の投資を組み合わせたり、しばらく他の投資で経験を積んで十分に投資という物自体のリスクを知ってから仮想通貨投資を始めるのが良いでしょう。

リスクを抑えた投資をしたい方は不動産クラウドファンディングがおすすめ!

仮想通貨は大きな利益を得られる可能性がある分、リスクの大きな投資となっています。

リターンが多少低くなってもリスクを抑えたい方には不動産クラウドファンディングがおすすめです。

不動産クラウドファンディングとは、不動産を運用するプロジェクトに投資し、不動産から出た利益を分配されることでお金を得る投資方法です。

複数の投資家が1つのファンドに投資する仕組みになっているため、1口1万円ほどから投資できます。

また、投資家の元本割れリスクを抑える「優先劣後システム」も取り入れているサービスが多く、リスクを抑えた投資が可能です。

優先劣後システムについては後ほど詳しく説明します。

不動産クラウドファンディングと仮想通貨の違い3選

不動産クラウドファンディングの概要について説明してきましたが、ここでは不動産クラウドファンディングと仮想通貨の違いについて解説していきます。

違いは主に3点あります。

  • 元本割れリスクを抑えるシステムがある(優先劣後システム)
  • 値動きがない
  • 損をする額が決まっている(匿名組合型ファンドのみ)

順番に見ていきましょう。

不動産クラウドファンディングと仮想通貨の違い1.元本割れリスクを抑えるシステムがある(優先劣後システム)

不動産クラウドファンディングには投資家の元本割れリスクを抑えるための「優先劣後システム」というものがあります。

優先劣後システムとは、ファンドに対して投資家と運営会社が一緒に出資し、投資家の出資分を「優先出資」、運営会社の出資分を「劣後出資」と分け、分配は優先出資者から行われます。

そのため、不動産の利益が想定よりも下回った場合でも、劣後出資分のマイナスまでなら投資家は損をすることはありません。

優先劣後システムを採用しているか、劣後出資割合などはサービス・ファンドによって異なるので、気になる方は事前に確認しましょう。

不動産クラウドファンディングと仮想通貨の違い2.値動きがない

仮想通貨は数時間で状況が大きく変わることがあるので、1日の内に投資へ時間をかけれる人以外は続けるのが難しいこともあるでしょう。

不動産クラウドファンディングは値動きがないため、日々値動きを気にする必要がありません。

仕事や家事で忙しい方は不動産クラウドファンディングがおすすめです。

不動産クラウドファンディングと仮想通貨の違い3.損をする額が決まっている(匿名組合が型ファンドのみ)

不動産クラウドファンディングでは、元本割れをした場合でも最初に投資した分より多く出資を求められることはありません。

10万円出資したらどれだけ損をしても10万円が返ってこないだけ、ということです。

もちろん損はしたくありませんが、損をする額が決まっているなら投資に使える額の計画もしやすいですよね。

ただし、ここで紹介したものは「匿名組合型ファンド」です。

「任意組合型ファンド」は元本以上に出資する必要がある場合があるので、注意しましょう。

主要不動産クラウドファンディング3選を紹介

ここまで不動産クラウドファンディングについて解説していきましたが、主要の不動産クラウドファンディングサービス3社を紹介していきます。

短期間で高いリターンを狙いたい人向けのサービス「ヤマワケエステート」

不動産クラウドファンディングの中でもトップの高利回りを誇るサービスが「ヤマワケエステート」です。

ヤマワケエステートの平均利回りは約14%と、他社サービスに比べて圧倒的な高利回りを誇っています。(平均的な利回りは5%程度)

高利回りを実現できている理由は、扱っている案件が開発案件ということです。

土地に新しい建物を建てたり、古い建物を壊して土地として売ったりなど、一手間かけることで少額で仕入れて高く売ることが可能になっています。

また、運用期間が1年未満のファンドも多く、短期間で高いリターンを狙える点も魅力です。

しかし、付加価値を高めて売却するので、案件を取りまとめる難易度が高かったり、買い手が見つからなければ利益を出せないリスクはあります。

リスクを取ってもリターンを取りたい方はヤマワケエステートの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ヤマワケエステートの公式サイトを見てみる→

ヤマワケエステートの解説記事を見てみる→

堅実に一定のリターンを積み上げたい人向けのサービス「CREAL(クリアル)」

CREALは上場企業のクリアル株式会社が運営しているサービスです。

組成件数は100件超えと、不動産クラウドファンディング業界の中でも特に実績のあるサービスです。

特徴はインカムゲイン(賃料収入)がメインのファンドを多く組成していることです。

インカムゲインがファンドは賃料からの利益のため、賃貸人がいる限り、定期的に売り上げが発生します。

また、就職や転職、転勤など賃貸需要は少なくともあるので、市況が大きく落ちこむ可能性も低く、安定的な投資ができるでしょう。

マスターリースという賃料保証契約を結んでいる案件もあり、元本割れリスクを抑えられています。

堅実な投資をしたい方におすすめのサービスです。

CREALの公式サイトを見てみる→

CREALの解説記事を見てみる→

都心物件の開発案件に堅実に投資したい人向けのサービス「DARWIN FUNDING(ダーウィンファンディング)」

DARWIN FUNDINGは都心の開発案件に投資できるサービスです。

DARWIN FUNDINGを運営するダーウィンアセットパートナーズ株式会社は投資用不動産を扱う会社で、区分マンションにおいては東京23区を中心に取り扱っており、都心の不動産に関する知識や情報があります。

都心の不動産は需要が高いため、買い手が見つかりやすく、キャピタルゲインのファンドで考えられる「売れない」リスクが抑えられます。

開発案件はインカムゲインのファンドよりも収益が出やすく、DARWIN FUNDINGの平均利回りである5~6%は堅実な利回りと言えるでしょう。

劣後出資割合も平均20~30%と、通常の開発案件よりも劣後出資割合が高いことも特徴です。

また、開発案件に投資した方限定で、出資したプロジェクトの建築状況の配信も始まるようなので、安心感が増します。

DARWIN  FUNDINGの公式サイトを見てみる→

DARWIN  FUNDINGの解説記事を見てみる→

まとめ

この記事では仮想通貨がやめとけと言われる理由と不動産クラウドファンディングについて解説していきました。

仮想通貨はハイリスク・ハイリターン、不動産クラウドファンディングはミドルリスク・ミドルリターンの投資といえます。

どちらがいい、悪いではないので、自分に合った投資をするといいでしょう。

また、投資は分散が原則です。

2つの投資が気になった方は2つ始めてみるのもいいかもしれません。

この記事が投資の参考になれば幸いです。

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額700億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年6月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまで100社以上の不動産サービスについて紹介・解説してきました。編集部は宅建士や、不動産メディア運営に5年以上携わるメンバーで構成されています。誠実で正確な情報発信を心がけています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次