PR

ろうきんの不動産担保ローンの評判は?口コミやメリデメを解説

ろうきんの不動産担保ローンの評判は?口コミやメリデメを解説

【PR】2024年上半期のイチオシ不動産担保ローンはこちら!

 

不動産×金融をメインテーマとする当サイト。不動産担保ローンについても、有資格者のプロ目線 & 編集部の取材に基づいた解説やランキング記事を発信中です。

 

そんな数ある不動産担保ローンの中で現在のイチオシは「セゾンファンデックスの事業不動産担保ローン」です。

セゾンファンデックス公式バナー  

セゾンファンデックスの事業不動産担保ローンには以下のような強みがあります。

 

  • 運営するセゾンファンデックスは不動産金融のエキスパート
  • さらに東証プライム上場セゾングループで安心
  • 銀行と異なる基準で審査が不安な人も積極的に受けつけ中!
  • 固定と変動2タイプの金利で多くのユーザーに対応してくれる
  • 重要視するのは不動産担保力。保有の不動産が大きな武器に!

 

\属性や債務状況に不安がある人こそ!/

セゾンファンデックスは不動産×金融のエキスパートです。
担保とする不動産の価値を最大限に見出すので、おのずと審査通過の追い風になるでしょう。

 

訳あり不動産でもない限り、審査通過の確率はかなり高いはずです。

 

選択肢のひとつとして検討できるよう、はやめに仮審査を受けておくのがいいかもしれません。

目次

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保にしてお金を借りる金融商品です。

【特徴】

・通常の借り入れよりも高額な資金調達が可能

・他ローン商品と比べて低金利

・担保として価値のある不動産を提示できることが条件

【メリット】

・審査のハードルが低め(不動産重視)

・大口の資金を低金利で借りられる

【デメリット】

・返済できなければ不動産の権利を失う

・不動産価値を審査するのに時間がかかる

担保として使える不動産は、空き地・戸建て、マンション、ビル、駐車場など様々。

不動産の名義人とローン契約者は、必ずしも一致していなくてもOKで、家族名義や法人名義の不動産も担保として認めてくれる金融機関もあります。

“担保”とは言い換えれば“返済保証”のようなもの。

融資を受けた後で万が一返済不能になってしまった時は、残金の代わりとして担保を金融機関に差し出すことになります。

不動産を返済保証として預ける必要こそありますが、「価値の高い担保を用意できれば高額の融資が受けられる」という見方もできます。

カードローンやビジネスローンなど、金融商品の大半は収入をベースに貸し付け可能額が算出されます。

一方で不動産担保ローンは、不動産の価値をベースに考えるため他ローン商品と比べて大口の資金調達が可能です。

また、担保があることで金融機関側の資金回収リスクは最小限に抑えられます。

そのため、他ローン商品と比べて低金利での借り入れができるのも不動産担保ローンの大きな特徴です。

ろうきんとは

「ろうきん」とは労働金庫の略称であり、労働組合(労組)や生活協同組合(生協)の会員が資金を出し合って運営している金融機関です。

労働金庫法という法律に基づいて運営している非営利組織で、管轄地域の会員を対象に幅広い金融サービスを提供しています。

各ろうきんが担当しているエリアに「居住」or「勤務」している人であれば、労働組合や生協組合への加入有無に関わらず、誰でも利用が可能です。

ただし、基本はあくまでも組合員向けのサービス提供が軸となっているため、組合員か否かで利用できるサービスの範囲や契約内容が変わってきます。

当記事のテーマである不動産担保ローンを例に挙げると、組合員の方が低金利の借り入れができるようになっています。

自身が組合員かどうかの確認については「□申込み対象者が限定的」でも解説していますので参考にしてください。

ろうきんの不動産担保ローンの概要

2024年6月時点で、不動産担保ローン商品を提供しているろうきんは4か所のみで、それぞれローンの内容・諸条件が異なります。

概要をまとめた表を元に、支店ごとのローン内容を解説します。

中央ろうきん

【有担保フリーローン(不動産担保型)】

・マイホーム、教育、自動車、耐久消費財などくらしのさまざまな資金に

・1%を切る圧倒的な低金利

・最高1億円と大口の資金調達にも対応

対象エリア

茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県

金利

団体会員:年0.375%~0.815%

生協会員:年0.535%~1.025%

一般:審査により決定

借入可能額

最高1億円

(原則30万円以上、1万円単位)

資金使途

自由

※事業性資金、投機目的資金、負債整理資金、賃貸の用に供する不動産(居住用住宅との併用を含む)の取得・リフォームに係る資金としての利用は不可

※2024年6月現在

適用金利は団体会員で1%未満、生協会員でも1.025%とたいへん低金利です。

銀行が提供している不動産担保ローンの金利相場は1%~9%ですので、中央ろうきんがいかにお得かが分かるでしょう。

団体会員とは中央ろうきんに出資している労働組合などの団体に所属している会員のことです。

一般枠としての申し込みも可能ですが、適用金利は、審査の結果によって決定となり明確には公表されていません。

東北ろうきん

【有担保フリーローン】

・住宅、教育、自動車、耐久消費財購入など、暮らしのさまざまな資金に

・申し込みは店舗窓口のみで対応

・最高1億円と大口の資金調達にも対応

対象エリア

青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

金利

「労金変動型住宅ローンプライムレート」を基準金利とする

借入可能額

最高1億円

資金使途

自由

(事業資金や投機目的資金、負債整理資金としての利用は不可)

※2024年6月現在

一見するとわかりにくいですが、東北ろうきんでも不動産を担保とした有担保フリーローンを取り扱っています。

公式サイトのメニュー欄から「かりる→その他「商品概要説明書」→フリーローン→有担保フリーローン」と進むと、ローンの詳細が確認できます。

こちらの商品は、東北ろうきんのローン取り扱い店舗へ直接来店して相談・申し込みが必要です。

北陸ろうきん

【有担保フリーローン】

・レジャー、旅行など暮らしのための生活費全般に

・資金使途に特別な制限はない

・適用金利は審査後に決定(組合員の融資金利引下げ項目の適用あり)

対象エリア

富山県・石川県・福井県

金利

要審査

借入可能額

最高5,000万円

(最低10万円~)

資金使途

自由

※2024年6月現在

北陸ろうきんの有担保フリーローンは、具体的な金利のパーセンテージが公表されていません。

同じろうきんということで、北陸ろうきんのように「労金変動型住宅ローンプライムレート」を一つの基準としているものと考えられますが、公式サイトには特別な情報は書かれていません。

金利引き下げシステムが充実しており、「ろうきん会員・生協組合員(本人または同居家族)」や「北陸ろうきんを給与振込口座に指定している」など、諸条件を満たすごとに適用金利の引き下げが受けられます。

中国ろうきん

【有担保多目的ローン】

・新規利用の人は保証料0円

・生活資金や自己居住用住宅資金に

・最高1億円と大口の資金調達にも対応

対象エリア

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

金利

年2.975%

借入可能額

最高1億円

資金使途

自由

※2024年6月現在

中国ろうきんでは、有担保多目的ローンを利用中の人を対象に、特定のろうきん無担保ローンを最も低い金利で利用できるサービスを提供しています。

また、中国ろうきんの各ローンセンターは土日も営業しているため、週末でも気軽に相談ができるのは嬉しいポイントです。

ろうきんの不動産担保ローンのメリット

ろうきんの不動産担保ローンには、2つの大きなメリットがあります。

金利が低め

不動産担保ローンの金利相場は、1%~9%です。

具体的なパーセンテージを公表していないろうきんもありますが、「中央ろうきん」と「中国ろうきん」を見る限り、“相場よりも安い~相場の範囲内でも安め”を推移していることがわかります。

これには、ろうきんがサービス提供先を限定した非営利組織であることが影響しています。

ろうきんの組合員になることでの“金利優遇サービス”なども上手に使って、お得にローンを契約しましょう。

安心感を持って契約できる

地域に根付いた事業展開からなる信頼性の高さと安心感は、ろうきんの大きなメリットです。

1950年(第二次世界大戦敗戦後)に設立した、岡山県勤労者信用組合・兵庫勤労信用組合という、働く人のために生まれた2つの組織が現在のろうきんの原点です。

メガバンクや大手地方銀行に匹敵にする歴史を持ち、現在まで多くの人から親しまれてきました。

“ろうきん”と聞いて「子どものころから、近くにあるなぁ」と感じる人も多いでしょう。

経営が安定していて、信頼できる金融機関を選びたい…と考える人にピッタリです。

ろうきんの不動産担保ローンのデメリット

ろうきんの不動産担保ローンを検討する上で、知っておくべき注意点を2つ紹介します。

申込み対象者が限定的

ろうきんの提供する不動産担保ローンに申し込めるのは、管轄エリアに在住・勤労している人に限定されます。

自分の居住地・勤務地を管轄するろうきんが不動産担保ローンを扱っていない場合は、利用を諦めるほかありません。

管轄のろうきんが不動産担保ローンを取り扱っていた場合でも、利用者の区分によってはそもそもサービスを提供してもらえないケースもあります。

利用できるかどうかを確かめる

ろうきんの利用は、主に3つのカテゴリに分けて考えます。

カテゴリ

概要

組合員

ろうきんに加入している労働組合・生活協同組合の組合員および同一生計の家族

一般

各ろうきんが担当しているエリアに「居住」or「勤務」している人で組合員ではない人

退職者

組合員OBですでに退職済みの人

ろうきんは、“組合員が資金を出し合って運営する”というスタイルの金融機関であり、組合員向けのサービス提供を基本としていますが、団体会員や生協組合員でなくても、「一般枠」としての利用が可能です。

ただし「ろうきんとは」でもふれたように、組合員と一般では利用できるサービスの種類や契約内容が異なる場合があります。

非営利組織であり、サービスの提供を無理に広げる必要がないことなども、影響しているのでしょう。

一般枠としてのローン契約を希望する場合には、管轄のろうきんに問い合わせて「組合員ではなくても利用できるかどうか」をあらかじめ確認してください。

また、現在会社勤めをしている人は、自身の勤務先がろうきんに加入しているか否かを、人事などの担当部署に確認をとってみるのがおすすめです。

相談~申込みの利便性が低い

「中央ろうきん」以外のろうきんでは、不動産担保ローンの相談・申し込み・契約は店舗窓口に出向いて手続きをとる必要があります。

「WEBで簡単申込」「オンライン相談」「電話と郵送で対応OK」など、手軽で利便性の高い金融商品が増えてきている中、時間を割いてわざわざ店舗に行くのは面倒だと感じる人も多いでしょう。

ろうきんでは良くも悪くも昔ながらの契約スタイルのままという印象。

担当者と顔を合わせて直接話ができるので、安心感・話しやすさという点ではメリットとなります。

ろうきんでの契約を検討する場合には、時間に余裕をもった対応が求められるでしょう。

ノンバンクは審査が早く柔軟な傾向

一言で不動産担保ローンといっても、契約先によって特徴やメリット・デメリットが異なります。

主な契約先は「銀行」「ノンバンク」「協同金融組織(ろうきん、信用金庫 など)」に分けられます。

選択の幅を広げるという意味でも、ノンバンクにも目を向けて検討を進めるのがおすすめです。

【特徴】

・ノンバンクとは、預金業務を行わない金融機関

・消費者金融、カードローン会社、ファクタリング業者、ビジネスローン専門業者など

【メリット】

・独自の審査ノウハウを持っている

・スピード感を持った対応

【デメリット】

・聞き馴染みのない会社も多い

・金利は銀行と比べてやや高め

銀行や協同金融組織と比べると、昔から知っている安心感や聞き馴染みという面で劣るものの、ノンバンクにはノンバンクの良さがあります。

不動産を担保として大口の融資を受けるのは少額の借り入れとは違い、返済期間も長くなるため計画性を持って望むことが求められます。

大口の資金調達だからこそ、後悔のない契約先を選べるよう検討は慎重に進めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまで100社以上の不動産サービスについて紹介・解説してきました。編集部は宅建士や、不動産メディア運営に5年以上携わるメンバーで構成されています。誠実で正確な情報発信を心がけています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次