PR

SOLS(ソルス)の評判・口コミは怪しい?メリット・デメリットから過去の実績まで徹底解説!

「SOLSが気になっているけどデメリットはある?」

「SOLSの今までの実績が知りたい」

など、SOLSが気になっている方もいるでしょう。

今回の記事では、1口5万円からはじめられる不動産投資「SOLS」について、メリット・デメリットから案件の実績まで、徹底解説しています。

また、SOLSでは7月1日から利回り6%のファンドが募集されます!

抽選式で、7月11日まで募集しているので、これからの登録でも十分に間に合います。

入居率は95%超えで、劣後出資割合が31%もあるので、比較的リスクは低いでしょう。

ファンドの詳細ページには対象不動産の詳しい情報も記載されているので、気になる方は公式サイトからチェックしてみてください。

SOLSの公式サイトはこちら⇨

☆大人気の不動産クラファン「CREAL」が最大50,000円のアマギフプレゼント中!【ad】☆

東証グロース市場に上場している、1万円から投資できる不動産クラウドファンディング「CREAL」が大人気です。

そんなCREALですが2024年7月現在、当サイト限定で最大50,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

CREALの過去のキャンペーンの中でも最大規模のキャンペーンですし、会員登録をするだけでも1,000円のAmazonギフト件がもらえます。

キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、興味がある人はこの機会に無料の会員登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

CREALについて、もっと詳細を知りたい人は下記の解説記事も参考にしてみてください。

>>CREALの解説記事はこちら<<

目次

SOLS(ソルス)の評判・口コミは悪い?投資した人のリアルな声を紹介!

SOLS の投資家による評判は、どうなのでしょうか。 気になる口コミをSNS上から集めてみました。

SOLSの良い評判・口コミを紹介

まずは、良い評判・口コミを紹介します。

SOLSの劣後出資比率の高さや、少額投資可能な点、キャンペーンが評価されていました。

SOLS の悪い評判・口コミを紹介

次に、悪い評判・口コミを紹介します。

SOLSのネガティブな意見は、当選倍率の高さがあげられました。

SOLSの公式サイトはこちら⇨

SOLS(ソルス)の4つの特徴・メリット

SOLSの4つの特徴・メリットについて、みていきましょう。

  • 1口5万円から不動産投資ができる
  • 劣後比率が高く、投資家の元本が保護されている
  • 利回りが比較的高い
  • 法人口座での不動産投資が可能

SOLSの特徴・メリット1. 1口5万円から不動産投資ができる

SOLSでは、1口5万円から不動産投資がはじめられます。

他社の不動産投資型クラウドファンディングでは最低投資金額が10万円以上や、100万円単位など、高額なサービスもあります。

そのため、5万円は比較的はじめやすい金額といえるでしょう。

SOLSの特徴・メリット2.劣後比率が高く、投資家の元本が保護されている

SOLSの案件は、優先劣後比率が高いことでも有名です。

多くの不動産投資型クラウドファンディングで、優先劣後システムが採用されており、一定割合の損失までは保護されています。

優先劣後出資とは投資家を優先出資者、運営会社を劣後出資者に分け、利益は優先出資者から優先的に分配されます。

そのため想定よりも利益が下がってしまっても、下がり分が劣後出資者の出資分までなら投資家は損をしない仕組みです。

一般的に劣後比率は10〜20%前後の案件が多いですが、SOLSでは劣後比率が88%の案件もありました。

運営会社が十分に投資家の資産を保護しているため、安心して投資をはじめられるでしょう。

SOLSの特徴・メリット3.利回りが比較的高い

SOLSの案件では、比較的高い利回りが期待できます。

2024年6月現在、募集案件の平均利回りは5.85%です。

他のサービスでは平均4%程であることが多いので高めに設定されていることがわかりますね。

運用期間が比較的短く、少額からの出資が可能な匿名組合形式では利回りが最大で7%に設定されていました。

また、運用期間が長めで一口の金額が比較的高い任意組合形式では利回りが最大で12.08%で設定されていました。

堅実な運用をコツコツとおこない、着実な利回りで投資家に還元しています。

SOLSの特徴・メリット4.法人口座での不動産投資が可能

SOLSは法人口座で運用することも可能です。

他社のクラウドファンディングでは、個人名義のみ口座開設可能なケースも多いため、法人口座で取引したい経営者によってはやや不便でしょう。

SOLSなら、法人でも個人でも状況に合わせて投資することができます。

\最大5万円分のアマギフプレゼント/

SOLS(ソルス)の2つの注意点・デメリット

SOLSの注意点・デメリットは以下の2つがあります。

SOLSの注意点・デメリット1.当選倍率が高く、必ず投資できるわけではない

SOLSだけではありませんが、高利回りの不動産投資型クラウドファンディングには、応募が殺到します。

そのため、残念ながらなかなか当選しない投資家もいることでしょう。

SOLSでは抽選方式がとられていますが、利回りが5.0%の第1号案件では170%でした。

気になる案件には積極的に応募し、少しでも当選確率を高めましょう。

SOLSの注意点・デメリット2.案件の実績が少ない

SOLSは高利回りで人気の不動産投資型クラウドファンディングですが、過去の案件が9件とまだまだ実績が少ないサービスでもあります。(2024年6月時点)

他社では100件以上の実績あるサービスもあるため、実績を重視する投資家にとってはSOLSのデメリットになるかもしれません。

SOLS(ソルス)の実績は良い?詐欺や元本割れについて紹介!

SOLSは、2021年1月に募集がスタートした新しいサービスです。

今までで9件募集されており、そのうち6件の運用が終了しています。(2024年6月時点)

第1号案件は、2022年6月30日に運用が終了し、無事分配金が支払われました。

利回りが5.0%、運用期間が4ヵ月と高配当・短期運用だったため、初心者にも好評だったようです。

現在、【SOLS WALLET】出入れ自由形式不動産クラウドファンディングが募集中です。(2024年6月時点)

SOLSの実績はまだまだ浅いため、今後の運用実績が気になるところですね。

SOLSの公式サイトはこちら⇨

SOLS(ソルス)は「安全性の高い案件に堅実な投資をしたい人」におすすめのクラウドファンディング

SOLSの案件の利回りは、4.5~7.0%と一般的な不動産投資型クラウドファンディングよりやや高めに設定されています。

とはいえ、リターン重視というわけではなく、リスクとリターンのバランスがとれた投資先です。

SOLSでは優先劣後システムを採用しています。

特徴としては、劣後比率を高めに設定し、積極的に投資家の元本保護をおこなっています。

一般的に他社では劣後比率は2割ほどの案件が多いですが、SOLSには劣後比率88%という案件もあります。

もし仮に劣後比率88%以上の損失が出た場合には、投資家の元本を毀損しますが、それほどの損失が起こる可能性は極めて低いでしょう。

堅実な利回りと優先劣後システムで堅実な投資をおこないたい初心者の人や、リスク分散の一つとして新たな投資先を探している人におすすめです。

SOLS(ソルス)の登録から利用するまでの4つのステップを解説!

SOLSは、以下の手順ではじめられます。

なお、本人確認書類として免許証とマイナンバーカード、口座情報登録の際に銀行口座のキャッシュカードまたは通帳が必要ですので、あらかじめ準備しておきましょう。

  • 公式サイトから新規会員登録
  • 投資家登録&本人確認資料提出
  • 審査通過後、本人確認コードを入力
  • ファンド申し込み

STEP1.公式サイトから新規会員登録

公式サイトから新規会員登録をおこないます。

公式サイトの右上「新規会員登録」のタブをクリックし、メールアドレスとパスワード、名前、生年月日、携帯番号を入力しましょう。

なお、キャンペーンコードや紹介コードを持っている人は、こちらの画面で入力してください。

STEP2.投資家登録&本人確認資料提出

新規会員登録後、届いたメールの添付URLから投資家登録と本人確認資料の提出をおこないます。

本人確認資料は画像をアップロードすることで提出完了します。

STEP3.審査通過後、本人確認コードを入力

SOLSの審査通過後、本人確認コードが記載されたハガキが郵送されますので、マイページに本人確認コードを入力してください。

本人確認コード入力後、会員登録が完了します。

STEP4.ファンド申し込み

案件の詳細をチェックし、気になる案件があれば申し込みましょう。

SOLS(ソルス)のキャンペーン情報

2024年6月現在SOLSではキャンペーンはおこなわれていません。

今後キャンペーン情報が出たら更新していきます。

過去にはSOLS では『新!Amazonギフト券プレゼントキャンペーン』がおこなわれていました。

このキャンペーンは、第3号案件に50万円以上出資し、当選すれば必ずAmazonギフト券5,000円分もらえるというものです。

これからもキャンペーンがおこなわれる可能性がありますので、気になる方はこまめに公式サイトをチェックしてみてください。

SOLSの公式サイトはこちら⇨

SOLS(ソルス)は怪しい?よくある質問を3つ紹介

SOLSのよくある質問3つを紹介します。

  • 手数料はかかるの?
  • 利回りや分配金は確定しているの?
  • クーリングオフはできるの?

手数料はかかるの?

会員登録・口座開設・口座維持費用は一切かかりません。

投資家負担なのは、出資金の入金時の振込手数料と分配金受取時の送金手数料です。

なお、SOLSの振込先口座は「GMOあおぞらネット銀行」です。

頻繁に利用し、振込手数料を払いたくない人は、GMOあおぞらネット銀行の口座を作成しておくとよいでしょう。

利回りや分配金は確定しているの?

利回りは確定していません。

想定利回りは、各ファンドの詳細・商品リスク説明から確認しましょう。

また、分配金も変動する可能性があります。

売却利益が予想を下回った場合、分配金の想定金額を下回る可能性があります。

クーリングオフはできるの?

SOLSでは、クーリングオフができます。

電磁的方法で契約書面を受領した日から8日以内に、運営会社へ書面で通知すれば可能です。

クーリングオフをおこなう場合、ホームページから書式をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、以下の宛先へ郵送しましょう。

住所 〒452-0814 名古屋市西区南川町227番地株式会社 不二興産 SOLSクーリングオフ係宛

SOLS(ソルス)の運営会社を紹介

SOLSは、株式会社不二興産よって運営されています。

株式会社不二興産の会社概要

株式会社不二興産の詳細情報は以下の通りです。

社名 株式会社不二興産
代表取締役 猪子 能史
資本金 2000年8月
設立 1億円
本社 〒452-0814 名古屋市西区南川町227番地
電話番号 052-509-2460(代表)
免許番号 宅地建物取引業免許/国土交通大臣(2)第8892号
不動産特定共同事業許可/愛知県知事第4号
賃貸住宅管理業登録/国土交通大臣(1)第6323号

まとめ

SOLSは、劣後比率が高く堅実な運用を目指した、不動産投資型クラウドファンディングです。

2022年1月にスタートした新しいサービスですので、これまでの案件数は8件と少ないですが、劣後比率が高く安定的な運用が期待できるでしょう。(2024年6月時点)

興味がある人は、投資先の一つとして登録しておきましょう。

SOLSの公式サイトはこちら⇨

大人気の不動産クラファン「COZUCHI」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額700億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年7月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

事前に登録しておかないとすぐには投資できませんし、投資金額に応じてAmazonギフト券ももらえるので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIについての口コミやメリットデメリットなどを知りたい人は、下記の解説記事も参考にしてください。

>>COZUCHIの解説記事はこちら<<

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【監修】森敬太のアバター 【監修】森敬太 代表取締役

株式会社Lifeplay代表取締役。宅地建物取引士。前職で複数の不動産メディアの責任者を務めたのちに独立。現在は不動産クラウドファンディングのポータルサイト「Fund Bridge」を運営。法人として「一般社団法人不動産クラウドファンディング協会」にも加盟。自身でも300万円超、10社以上の不動産クラウドファンディングに投資し、中立的な情報発信を心がけている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次